恋する小鳥

Irreplaceable 

夏の日のひとしずく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
どこにあるのかなって



長い間、お休みしてすみませんでした。
7月の、とてもとてもむし暑くて雨が降っていた日。
玉ちゃんが、逝きました。

夏まで、夏までって、目標にしていたので、
7月1日を迎えたその日はうれしくて、それなのに辛くて、
それから、どんどん弱っていく玉ちゃんに
ずっとすがって奇跡を願ってました。
何度も何度も持ち直してくれてきていたので、
今度も大丈夫なんじゃないか、
こうやってまだ何年か小康状態のまま、そばにいてくれるんじゃないかって。、
いつもみたいに、かまえててあげられなくって、
私だけが、オロオロして、怖がってばかりで。

玉ちゃんは最後のとき、すごく鳴いてしまって、
一か月ぶりくらいに大きな鳴き声を聴いたら、それが最期の声でした。
純白の芍薬の下に埋めるってきめてたんだけど、
しばらく離れられなくて、
何日も決心がつけられなかった。

もう、玉ちゃんは楽になって、
全然食べたくなさそうだった流動食ではなくて、
好きなものを沢山食べて、飛び回ってるはず。
みんなに会えて、遊んでいるはず。
きっとみんなのほうが、
玉ちゃんに会えて喜んでいるはず。
玉ちゃん。
また会おうね。
玉ちゃんは羽衣セキセイの雪之丞とすみれちゃんをもらった時に、
突然一緒につけてくださった、
本当に偶然出会った小鳥だった。
それは私の鳥人生のなかで、
一番大きな偶然の幸運だったと、
後でわかった。思い知った。
こんなにかわいくてアニメのキャラみたいな、
白い小鳥がいるとは思わなかった。
だからもういっかい、偶然が、起こって、
玉ちゃんは生まれてきたらいいんだ。
この世に君は必要なんだよ。
私のところじゃなくていいから、
どこかで生まれ変わっててほしい。
今すぐ死んで会いに行きたい。
掌であのまんまるを感じたいよ。
玉ちゃん、会いたいよ。
玉ちゃんなしで、どうやって、
笑っていったらいいの。
ブログを書いていったらいいの。
ずっとショックで、何も書けませんでした。
でも時間が過ぎて、やっぱり私はどこか慣れていて、
また、回復してきまして、
ようやく報告する決心がつきました。
本当にすみませんでした。
玉ちゃんのことを、好きだって言ってくださった、
これまでの、すべてのひとに、
感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
玉ちゃんにいっぱいそれを伝えました。
沢山のひとが、玉ちゃんを大好きなんだってって、
「元気になって」ってコメントくださってるよって、いっぱい。
いっぱい伝えました。
話しかける時間がいっぱいあったので、
全部ふりかえって、いっぱい話しかけました。
真っ白で鼻がコバルトブルーでおなかが水色で、
すごく涼しげな夏色の姿のまま、
思い出をいっぱいくれて、とうとう逝ってしまいました。
寂しいです。
穴があいてしまって、
どうしたらいいのか、わかりませんでした。


















関連記事
Category: ペットロス
Published on: Sun,  03 2014 22:51
  • Comment: 7
  • Trackback: 0

- 7 Comments

マメやっこ  

玉ちゃん、ありがとう

暫く更新がなかったので、気になっていました。
玉ちゃん、よく頑張って精一杯生きてくれましたね。
玉ちゃんは「静」のイメージですが、癒してくれるし
ふっ・・・と笑わせてくれるし、魅力満載の小鳥さんでした。

「恋する小鳥」の初期メンバーとのお別れは特に悲しいです。
玉ちゃんのご冥福をお祈りしています。

2014/08/08 (Fri) 22:05 | EDIT | REPLY |   

さり  

素敵な時をありがとう

この一月弱の間、S子さんのブログを訪問するたびに、「今日は更新されてるかな?」「悪いお話じゃないといいな……」という期待と恐れで一杯になってました。
一月、S子さんがどんな思いで過ごされていたのか、このエントリーだけでも伝わって来ます。
たまちゃん、大好きでした。もこもこの身体に綺麗な綺麗な白い羽根、S子さんがつけ加えているセリフ……
どれもこれも、楽しい思いでです。
天国でも、いつも通りのたまちゃんのままでいてね。そして、いつも通りのたまちゃんでまた下の世界に生まれ変わって、どこかで誰かに笑顔を運んでくれますように。

2014/08/07 (Thu) 22:59 | EDIT | REPLY |   

とら  

私もつい先日、父を看取ったのですが

もう最期の戦いをしてる生命に
私は「頑張って」はとても言えませんでした。
これ以上の頑張りなんてないと感じたから…
「立派だよ、もう何も心配しなくていいよ。」
自然とそんな言葉が出ました。

玉ちゃんも、泣き言ひとつ言わず
動物って本当にえらいなあ。
最後に叫んで闘いのピリオドを教えたのかな。

S子さん、気持ちを伝え続けてくれてありがとう、嬉しいです。

本当にね、もう苦しいことはないんだってことだけは確かな救いですが。

ただ、寂しいよね。 でも
玉ちゃん、もう楽になったね。

2014/08/07 (Thu) 15:42 | REPLY |   

ピヨコ  

玉ちゃんが亡くなって、チャピはお父さんが居なくなってしまいましたが、その目、鼻、嘴の感じがとっても良く似ているのでチャピの向こうに玉ちゃんが見えます。
「玉ちゃんのお口からマンマをもらって」とか、きっとあの丸いポンポンで温まっていたのかなとか
私さえ毎日玉ちゃんを思って涙します。
S子さん、こんなに皆から愛されて「好き」といってもらえる人の子を、私に譲ってくださって有難うございました。
大切にたいせつに一生幸せって思ってもらえるように過ごさせて行きたいと思います。

ありがとう、大好きなチャピのおとうさん~

2014/08/06 (Wed) 19:26 | EDIT | REPLY |   

なおこ  

たまちゃん、美しいですね。

ブログ、更新されてないので、たまちゃんになにかあったかな、、、と心配してました。
夏色のたまちゃん。
光になって、お空にかえったのですね。
我が家にも、持病を抱えたインコがいます。
元気一杯!精一杯生きてます。
居なくなったとき、どうしよう、、、と思って日々過ごしてます。

お気持ち、よくわかります。

たまちゃんが、やすらかに天国に飛んでいきますように。
美しいたまちゃん、ありがとう。

2014/08/04 (Mon) 23:53 | REPLY |   

nori  

ご冥福をお祈りいたします…

たまちゃん…大好きでした。
この1ヶ月、祈るような気持ちでこちらを覗いていました。
たまちゃんは本当にアニメのような特別な可愛さで、多くの人達を和ませてくれましたね。
たまちゃん、本当にありがとう。頑張ったね。

S子さん、私も7月1日に大切な大切な羽衣の子を亡くしました。
私の日常を照らしてくれる特別すぎる存在でした。
だから、私もこれからその子のいないこのつまらない世界で、まだまだ生きていかないといけない絶望感と戦っています。
どうやって笑っていったらいいのかわからないけれど、少しずつ時が経つのを待つしかないんでしょうね。

たまちゃんを看ていらっしゃる間、どんなにかお辛かったでしょうね。怖かったでしょうね。
たまちゃんは今はもう元気いっぱいでS子さんの側を飛んでいるのだと思います。

たまちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2014/08/04 (Mon) 17:27 | EDIT | REPLY |   

椿の母  

止まっていたブログの分以上の悲しみが伝わりました。
頑張り抜いた、玉ちゃん、S子さん。
お疲れ様でした。
ゆっくりとでいいです。心と体の回復と
安らぎを祈っています。
そして、玉ちゃん。
君のまぁるい体、まぁるい瞳。
大好きだったよ!
わすれないからね!

安らかに。

2014/08/04 (Mon) 06:22 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。