恋する小鳥

Irreplaceable 

「どこかで誰かが見ていてくれる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed




祝⦿福本清三さん 最年長主演男優賞!
ローカルで楽しい、ナイトスクープを振り返って、
何度でも同じところで笑ってしまう関西人としてのポイントのベタさ。



世界中の、例えば国連人権委員会さんなどの、
大変無知で無教育な人々から、どんなに非難されても、
絶対に謝らない日本に生まれて誇らしいです。
国連と国連人権委員会は全く別物で、
ただの勧告を出すだけのNGO用補助団体であることが、
どれだけ世間にバレてないのかはよくわかりましたが、
完全無視で清々しい夏になりました。
わかっていただけなくてもいいと思ってます。
理解していただけなくても結構。
圧力がかかれば折れるはず、と、
心から祈っている人たちは大変滑稽。
朝日のねつ造や血なまぐさい事件で、
ざわざわと、騒がしいまま、
原爆の日を迎えなければならないことには遺憾と申し訳なさ。

見てくれているひとには、わかるはず。
「太秦ライムライト」の快挙に、劇中の台詞を思う。
初めて福本氏が探偵ナイトスクープに取り上げられたとき、
局長は上岡さん。あれから、トム・クルーズの目にとまって、
時代劇の悲哀の象徴になった。

「どこかで誰かが見ていてくれる」



許せないのは、近所にある国が今の日本をナチスに例えること。
彼らは本当の意味で、ナチスという言葉を理解して使っていない。
あのガス室の向こう、死体が何メートルもの山となり、
そこから毛を抜き、油を抜いた、
あのナチスと2014年のピカチュウが横浜に出現する、
どこよりも平和な私たちが、同等だと声高に叫んでいる。
どうしてあれにだけは、抗議しないのかと思う。
彼らはちゃんと知らずに子供のように
大人からの言い伝えを信じて砂上の世界を作り上げている。
ドイツ人の傷さえ、これからも平気で抉り続けていく気なのだろう。
悪いことをしたんだから、謝りなさい って。
謝る側の国に生まれてきたのだから、
毎年記念日ごとと、
それから一生私たちに会えば、頭を下げなさいって。
その子も、またその子供も、
一千年先まで、責任があるって。
悪い国に生まれてきた宿命だから、
「日本がふたたび立ち上がれないようにしてください」
先週、アメリカで記者会見した戦時女性の言葉。
世界に発信されていく言葉。
「ふたたび立ち上がれないように」
現在の私たちは、見ず知らずの他国の人間に、
そのような言葉を放埓にまき散らされ
無関係の国で、舞台を整え像を立て、
イメージダウンさせられるだけの罪を犯していますか?



今日見た掲示板の、アメリカ人の言葉。
「アメリカは原爆を落としたけど、それについてどこに非があって、
責任があるのかに関しては疑問はないね、日本。」

胸糞が、悪くて首を横に振るのを抑えられない。
日本が悪かったから、
原爆を落としたことは正解で、
責任も非も全部日本にあって、
一般市民が20万人死んだけど、
アメリカは謝らないし、日本にそれ以上死者が出なくてすんだんだから
喜べよって、いまだに本気で書き込んでるひとはいっぱいいて。


広島と長崎は、戦後すぐに証拠を集めた。
何をされ、どうなっていったか、
どんな犠牲が出て、どんな生活が待っていたか、
そのすべてを集めて、整理して開示してる。
今も毎年何千点と増え、
原爆博物館に集められている。
写真に収められ、むごい姿が膨大な資料となり、残し続けてある。
それなのに信じない。あの爆弾で子供が死んだことさえ、
ほとんどのアメリカ人は知らないという。
それなのになんの証拠も資料もない罪を、
当時住んでいたその町の人口よりも
はるかに多い数の虐殺をしたなどと、
誇張して伝聞されたことを、鵜呑みにして
今も日本のしたことに比べれば、などと言われる。
原爆は神の制裁だったと肯定されている。
その汚名を着て死んでいったひとたちが大勢いる。
すべては未来の日本のために。
それなのに、まだこれからも、
ねつ造を甘んじて受けてまでして、
ご近所づきあいを強要されなければいけませんか。
戦争に行った祖父が、戦地で無理やり連れてこられた女性を
暴行していたと言いますか。
もしかしたらその祖父の子供が
アジアのどこかにいるかもしれないと考え、
世界に謝らなくてはいけませんか。


なんで、信じるのか理解できない。
ただ伝聞されたことを、頭から信じるのって、
キリスト教圏に多い傾向なんだと私は思ってます。
そう聞いた=知ってる になる。
荒唐無稽なイエスの小説を、信じているだけはあると思う。
なんでそんなに純真に、自分に伝えた相手の言うことを
真に受けられるのか。どうしてそんなにシンプルなのか。


でもそれはアメリカ、イギリスのひとがほとんどで、
南米とか、東南アジアなどの書き込みでは、、
そうじゃない、市民の上に落とす必要はなかった、
あれはアメリカが犯した史上最悪の殺人爆弾だったと、
非難してくれるひとが多くなってきて、
それは年々、わずかだけど、増えているような気がする。

見ていてくれているひとは、いる。
気づいてくれるひともいる。
孤立すると言われるのなら、要塞と化せばいい。
今は国土に対して人口も増えすぎたのだから、
少子化を心配することもない。
ひとつひとつ、考えればわかることを、
世間の風潮に煽られて、自信を失くしてしまうことがよくない。
70年前、戦争には負けたという。
エネルギーを確保する道を絶たれて、
それならと、挑んで戦って負けたのであって、
地球に存在した悪質な人間の暮らす島だったから、、
先進国に成敗されたわけではない。
戦争はいつもそう。勝った国が正しいかのよう。
兵士の数、武器の製造、経済力。
小国よりも大国が勝つことは必然なのに、
あたかも勝ったほうが正しく、ヒーローのよう。
負けたほうだけが悪事を働いていたかのよう。

それでも受け入れて謝罪を繰り返して、
必死に国を立て直してくださった戦後の日本の人々。
そのおかげで平和を味わえることができて、
感謝して生きている私たちに、
今もなおいわれなき非を土下座しろと。
犠牲となった英霊に参るなと。
あの靖国の柱に尿をひっかけてあざ笑う。


来年は、わからない。
でも今年は、この気持ちを解くことができない。


戦争をしないことを世界に発信していくために、
絶対に倒さなきゃいけない相手がいる。
今、引いてはいけない。
ここまで来たんだから、
ようやくここまで、取り戻してきたんだから。






大好きな鳥さんネタと、レイテ島からの手紙 がひっついた動画。
何度見ても、奈良の研究員さんの
泣いたシーンでもらい泣きしてしまう。
驚異的なのは、出てくるひとみんな愛すべきいいひとなこと。
当たり前のようで、忘れがちだけど、
私たちは公の場面で、個々を抑えて、和を優先させることを
いつのまにか習得してる。
だから日本のテレビは、見やすいし、
観客も仲間にはいったみたいな気分になったり、
視聴者も感情移入しやすく、ひとつになって見入ることがある。

女性の尊厳の問題だといわれることについて。
女性の尊厳の前に、人間の尊厳を大事にすべき。


理解されなくてもいいんだ。
全員が全員、悪のように言われてもいい。
それでもいいと思う。私たちさえ、わかっていれば。
政府さえ、凛然として立ち向かってくれていれば。
何十年前の日本も、何百年前の日本も、
たったひとつ、続いてきたこの国のことを、歴史に残る偉人たちを、
名もなき民たちを、
私たちが心から祖国を大好きでいれば、
私たちを好きになってくれたひとたちはきっと、
その気持ちをわかってくれるはずだと思うから。










ブログランキングに参加しています。1日1回はポチしてね(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝



FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票

cotte cotteへとぶ




福本さんおめでとうー!

関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Sat,  09 2014 04:21
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。