恋する小鳥

Irreplaceable 

奇妙な分担子育て

心配すぎる



ウロコインコ沙門の
セキセイのぽぽちん家で生まれたと書いていましたが、
様子を見るとごはんをあげていたので、
あえて取り上げなかった次の日に、
食滞を起こしてしまっては助かりませんでした。
そのうには粒が大きく残っていて
量的にはいっぱいになっていたのですが、
セキセイインコの餌の上げ方では
あまりにマッシュされていないままなのが良くなかったのか、
うまくいきませんでした。
やっぱり私のほうで挿し餌するべきでした。判断ミスだった。
のときはいつも何かしらの判断を迫られていて、
これでいいのか、こうしたほうがいいのか、
いつも悩んでググって、
でもやっぱりこういう結果が多くて後悔してます。
セキセイとコニュア類はあげる餌のマッシュ度が違いすぎるのかもしれない。
このことは経験としてそれでも次にいかしたいと思います。


ただし、次の日にマメルリハの月子ちゃんのところから、
チーチー声がいたしまして、また生まれていたのを発見!
ウロコインコの沙門のなので、マメの月子ちゃんにしたら

「なにこれ、でかい子・・」

みたいなものでしょうが、それでも人間からしたら
小さい2.5cmくらいのちん。


は孵化の初日はものを食べなくてもなんとかいけるので、
様子を見て次の日になっても食べさせてなかったら
何か食べさせようと思って待ってました。
で、やっぱり次の日、なにも食べてなさそうな雛をまた確認。
なので巣箱から取りだして、こちらはとりあえず差し餌を与えまして、
それから月子ちゃんに戻しました。
雛は肌の艶、みずみずしさ、照り、それから羽毛のふわふわさ、
こういうもので大体食事を食べてないかどうか、
元気があるか、少し弱っているかどうかがわかります。
体温は測れませんが、びっくりするくらい熱いので、
低温だと思ったら、危険なライン。

それがこの子はぬっくぬくでおなかがすいたと鳴いてましたので、
月子ちゃんは温めて面倒を見てはいますが、
なぜか食事はあげていないことを確認。

それから何度も挿し餌をするために巣箱をあけて雛を出し、
月子に戻すことを繰り返していますが、
月子ちゃんは私が食事を与えるのはいっこうにかまわないようで
今は保温と産毛のつくろいは月子ちゃんの役目、
食事は私があげることで、
奇妙な分担育児で、問題なく雛ちゃんが育っております。
もう少し大きくなったら取りだして巣箱には戻さないつもりでいますが、
できることなら、できるだけ多くの時間を
月子ちゃんの羽毛のなかで眠らせてあげたい。
もう1羽は悲しいことになってしまいましたが、
ぽぽちんの羽毛に埋もれてずっと大変幸せそうでしたし、
親鳥の愛情なしで育った雛は、
将来うまく卵を育てられないことが多いと私は感じるので、
何日かは、親鳥の羽毛の下に置いておいたほうがいいという
総合的な判断のもとで月ちゃんと決めたやり方です。


一応巣箱から取りだすときと戻すときは、部屋を暗くして、巣箱の入り口には布を当てて
私という人間の姿があまり見えないようにして
手さぐりでさっと取って、さっと戻すようにしています。
月ちゃんがうとうと座っている間にことが済むようなそんな時間で、
できるだけ早く終わらせるようにしています。
それでもたまに指で雛を探していると、
かぷ・・っと、それはもう、甘く甘くほんの少しのやさしい
触れるだけのような甘噛みを受けることがあります。
快感に痺れて叫びだしそうになりますが、
月子がそれを私に対して「んもう」という気持ちで噛んだのか、
雛と間違えて噛んだのかはわかりませんが、おそらく後者でしょう。
雛はあんなにやさしく噛んであやされているのです。
これはレアな体験で、
小鳥を飼わなかったらわからなかった幸せのひとつ。
たまにこういう嬉しいことがあるので
小鳥と暮らすことはやめられないのです。

などなどきゅんきゅん萌えてたら
ふと、まったくノーマークだったオカメインコの梅ちゃんちから
グラウンドになにか黄色いものが動いてるのが見えました。
あれ、ウッドチップでも舞ってる・・・?
よくよく見て観たらそれも雛だった・・・。
ここも一年中無精卵を産むので、
いつもある程度温めたら、自分で割って

「はい、ハズレ。もうこれゴミ」

みたいな顔してるのを
私が拾って捨てるというお付き合いでもう4・5年。
いったいなぜ今年は突然本物生んでたの・・。
当たりが出たなら言ってよ・・。






関連記事
Category: メイクラブ&ベイビー
Published on: Tue,  14 2016 17:41
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

マメルリハ ウロコインコ オカメインコ

2 Comments

nabi  

No title

懐かしい名前を久しぶりに目にし、S子さんちの小鳥さんたちが元気にしているとわかって嬉しくなりました。かわいい雛ちゃんたちも無事に育ってくれますように・・・。(我が家でも久々にセキセイの雛2羽が生まれたところです。)

2016/06/14 (Tue) 22:29 | EDIT | REPLY |   

ぶう  

あぁ、そうでしたか。ぽぽちゃんちは残念でしたか。でも、もう一羽の雛さんをお世話してるんですね。元気に大きくなると良いですね^_^

2016/06/14 (Tue) 18:07 | REPLY |   

Post a comment