スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初は3羽でした

ふかふかが好き


ずっと巣箱にこもる豆女子は珍しくなくて、
あまり気にしていなかった初夏のある日、
突然聞こえてきた小さな雛の鳴き声にびっくりして、
手をいれてみると豆女子がふんわり乗ってくれたのだけど
その下には小さな雛がいました。

卵と一緒に指を温めてもらいながら、
ああ、雛が生まれたんだあ とぼんやりと実感。
メガバクテリアは根絶するもなにもないようなもので、
小鳥やさんから小鳥を持って帰ってきてしまっても
本当に元気だから別に私は獣医さんにわざわざ行って
メガバクテリアかもしれませんので検査してください などということは
もうしていません。
元気にしているのに、
予防薬を昔のようにせっせと飲ませることもやめた。
月に10万くらいかかってしまうことがあって、それでも
何も変わらず、親鳥からは検出されないのに、
そこから生まれた次世代のなかの、
ほんの1羽にまた出たこともあったから。
連れてきなさいと言われても、遠くの鳥を診てくれるお医者さんまで、
全羽を連れていくことは難しい。
里子をもらっていただくのは大変うれしいことで、幸せだったけれど、
メガバクテリアの予防をかけていると
大赤字で仕方がなかったし、効果もあまりないし、
なにより互いにストレスだったので、やめることにしたのでした。
ペットショップでメガバクテリアについての検査を必須としていないのに
小さな個人ブリーダーでメガバクテリアゼロを謳うことは難しく
まして小さな雛の状態で検査し投薬することは、
ヒナの体力的に持たない。かといって
成鳥してしまえば、そこから検査し投薬していって、
里親様にお出しできるときに、手乗りをどれだけ維持できるかもわからない。
お渡ししてからメガバクテリアの治療費を請求されてしまっても、
その過失に対して、もう支払い続けられない。
色々あって、ほぼあえてのご希望がない限りは、
里子の壌渡というのはやめてしまっていました。

十分元気にのびのび長生きしてくれているから
私と彼らで暮らす分には、必要ないかなと思って。
だから繁殖を特に気にかけていたことはないので、
気づかなかったんですが、
かわいいマメルリハの雛が生まれておりました。


もやしっこみたいな


その後、なぜにかわからないけど、
母鳥のペコちゃんが外で糞をせず、
すごく巣を汚して育てる方針を貫いてしまい、
ベットベトで元気がなかったため、
取り出して挿し餌で育てることになった3羽。
このときはまだ元気がなかったし、目の開いてない3号もいたので、
保温に苦労しました。
みどちんの妹たちに当たるのですが、
この子たちはお父さんがアメリカンホワイトだったので、
きっとブルーの子が生まれたのかなと思っていました。
ヒナの楽しみはこの何色に育つのかがわからないところですよね。
この後もう1羽ヒナがいることがわかり、
その子はペコちんが育てればいいと思っていたのですが、
どんどんぺこちんが羽を抜いてしまうので、
結局取り出して4羽になりました。

ブログランキングに参加しています。
毎日は更新できてないけど、
多少は暇つぶしになったよって方は
ポチしていってくださると
うれしい・・
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝
FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票
cotte cotteへとぶ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle書いた日カレンダーsidetitle
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleこれまでのお話sidetitle

嫉妬に独占欲、ヤケ食いに失恋、毎日小鳥たちの世界は、恋と友情に満ちている。 テリトリーを超重んじるマメは、隣人がマメ以外でないと我慢できない。他のマメの声が聴こえるのも癪に障り、いらつき吼える→セキセイがまねる→飼い主がおびえる→コニュアが諌める の繰り返し。玉ちゃんは、今日もかっこいい羽衣男子を目の敵にしてる。破壊をテーマに芸術にのめりこむカリブ。絶対「オハヨウ」しか言えないのに「コンニチハ」の練習も割りとまじめに取り組んでしまうアントニオ。事故で死にかけたはずが、逆に病気を克服、元気ぴんぴんのヒップはいくつになっても美少年。大好きなさえちゃんに巣から追い出されて巣穴の前で謝り続けるミケランジェロ。なんかもう見た目に愛がほとばしっているラテンな伊達男、沙門。バナナを見た時だけ擦り寄ってくる次元。みんなみんな、今日も恋の花を咲かせて。
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:S子
  • ヒト♀

    【飼い主-S子-】
    三十路シングル、ということでウサギと小鳥とその他もろもろに囲まれて独身生活満喫中。朝から夜中までひとりで働くのが好き。日曜だけ完全オフで40坪位の庭の世話に明け暮れ。最近好きなもの やっと使い慣れてきたショップソフト 最近可愛いもの 黄緑の計算機  最近欲しいもの 蓮用の大甕 ずっと好きなもの 小鳥 蓮 薔薇 芍薬 金魚 山藤 孔雀柄の傘 あったかいところ


    同盟バナー猫中動


    ▼▼▼主な主役達▼▼▼

    オカメインコ ♂
    【ウメちゃん】
    ミッキーマーチのイントロが好き。明るくてほがらかな歌声の人気歌手。

    マメルリハ ノーマル♂
    【リュウ】
    脱走・暴行・侵入・つきまとい。前科がありすぎるS家きってのワル。

    オカメインコ♀
    【トプス】
    亡きジュラの娘。おっとりさんで、一途。

    ダップー
    【ブッダ】
    Mダックスとトイプードルのミックス犬。卑猥なおもちゃが好き。ペットとしての自分の立位置が最下層なことに最近気付いている。

    マメルリハ ノーマル♀
    【ペコちゃん】
    目の大きい女の子。沢山のアプローチのなかから小虎君と恋仲になる。

    ネザーランドドワーフ ヒマラヤン♂
    【ホア】
    享年7歳。その日の朝ごはんまで完食した大食漢だった。

    ホオミドリウロコメキシコ♂
    【次元】
    淋しいのは我慢ならないのか、毎日セキセイインコの籠に勝手に入って馴染んでいる。

    ワキコガネウロコメキシコ♂
    【沙門】
    女の子が好き。とにかく好き。みんなの籠を勝手に開けて脱走させるのが日課。

    羽衣セキセイ ダブルファクターホワイト♂
    【チチ】
    超美少年で究極のナルシスト。カクテルのチチから命名。

    タイガープレコ
    【純次】
    一年かそこらで30cmになってしまった、先行き不安なプレコ。いつも適当に生きている。

    羽衣セキセイ イエローフェイスオリーブスパングル♂
    【ノルウェイ】
    キラキラ光る、エメラルドみたいな羽衣の持ち主。剣士のような凛とした性格。

    セキセイ グリーンスパングル
    【ショーコ】
    最初にはまったセキセイ、シュリの娘。顔がそっくり。

    マメルリハ ノーマルファロー♂ブルー♀
    【ロダン&月子】
    わがままお姫様の月子にただただ従う夫、ロダン。

    マメルリハ ノーマル♀
    【リブ】
    一番の女友達。元ヤン。

    ブライアン系大型セキセイ ライトブルースパングル♂
    【ラムセス】
    巨大で精力旺盛。まさに王様。

    マメルリハ アメリカンホワイト♂
    【レイ】
    霊魂のように光るので命名。家庭が命。

    ズグロシロハラインコ♂
    【カリブ】
    破壊をテーマに日々創作活動に励む現代アーティスト。

    ネコガミ
    【バステト様】
    庭を守る、我が家の猫様。

    アメリカンホワイト♀ブルーファロー♂
    【さえちゃん&ミケランジェロ】
    おしどり夫婦。夫は巣にはいれてもらえないので妻さえちゃんのご機嫌を外からいつも伺っている。

    ジュウシマツ♂
    【白能登】
    白内障で目が見えない、我が家の守り神様。


sidetitleようこそS家へsidetitle

現在の閲覧者数:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
アクセスランキング
sidetitle今月のアクセスランキングsidetitle
sidetitle今月の記事ランキングsidetitle
>
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle

sidetitle登録中のブログサーチsidetitle
sidetitleWELCOME!!sidetitle
free counters
sidetitle小鳥専門本屋さんsidetitle

探しやすく洋本 日本語本 コミックにわけました↓

sidetitleRSSsidetitle
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。