恋する小鳥

Irreplaceable 

サツマイモ万歳

あくび中



料理をするのは好きだ。

以前呉服屋系の職場にいたせいで
和食とか着物とか、和小物とか、
そういったものに囲まれすぎて
飽き飽きして遠ざけていたことがあるが、
最近は和食もよく食べるようになった。

以前始めた炭水化物ダイエットはフラフラしてやめてしまったけど、
手足がよく痺れ集中力が続かなかったときに出会った
グルテンフリー生活はよく馴染んで
ほとんどパンやパスタを食べずに暮らせるようになって
米をよく食べるようになり、あれほど受け付けなかった和食が
少しづつ体にカムバックしてきたのだ。

漢方を飲んでいるせいでやたら夏も暑くて仕方なかったけど、
生まれてはじめてダイエットがうまくいっていることに喜んでいて、
少しづつ窮屈だった服が楽になって、固かったおなかの脂肪が
ふにゃふにゃして柔らかい。
大好きな無印のフロランタンだけはやめられないのだけれど、
炭酸水をがばがば飲んで
なるべく一袋をながーくすこしづーつ食べる。
食欲自体が少しづつ抑えられてきていると思う。
飲みたいとか、食べたいが少し減って
その代わり肌がガサガサしてきたので、
馬油を塗りたくる日、まったく何も塗らない日を交互に続けて
なんとなく頑張って年相応には
見られないようにしようとかあがいてる。



いつも集まってる



で、秋は味覚の宝庫だと言いますがって話なんだけど、

別に四季ごとに旬はいっぱいあるけど、
栗とかキノコとか、秋の食材は見た目も料理も楽しい。
あと、食べきれないほどのサツマイモが手にはいる。
近所や親戚の畑から出荷できないものがどんどんくる。
事務所のストーブで安納芋を焼いたらものすごい美味しいけど、
地元のサツマイモはそんなに美味しいわけではない。
でも鳥たちが大好きでよく食べるので、
いつもサツマイモをストーブで焼いている。
ウサギにもそのままあげるのは嫌で、焼いたものをあげているけど、
とにかく食べる、バタバタ暴れて食べる。
マッシュしてハーブと合わせて乾燥すれば、
サツマイモのペレットにもなる。
あまりねちょる蜜分の高い安納芋なんかは
嘴にひっつく恐れがあるので
特にショートビークの
マメルリハには向いてないんじゃないかと思う
このパサパサして正直あまり美味しくない
田舎の畑の安物サツマイモが
さっと水に嘴をひたせばホロホロとれるくらいの粉っぽさで
うちの鳥たちにはちょうどいい。

驚くのはオカメインコも食べることだ。
よく色々あげても、常に弱気で
そんなん食べれるの?ほんと?ほんとに?ってかんじで、
きゃーきゃー逃げるオカメたちだけれど、
サツマイモだけは食べる、そりゃまあ
過去に相当目の前で食べてみせたからでもあるけど、
あの結局食べるのに一時間くらい迷って騒ぐ
あの時間に芋が冷めてもったいないので、
あっさり食べてくれることがうれしい。

最初は色々びくびくしていたけど、
今はある程度いろんなものを食べさせてみるようにしている。
最初の最初のマメルリハだったチロが
ごはんつぶを食べた次の日の死んだせいで、
ずっとでんぷん系を憎んできたけど、
あれはやはり別の死因があって、
お米のせいではないような気がずっとしていて、
今はそれほど神経質にならずに鳥を育てることができている。
大量にあげなければ、いろんなものを
一生のうちに食べてみてほしいものだ。
毎日毎日同じ種、同じ葉っぱ、同じペレット。
変えないほうが長生きするという説もある。
そうかもしれない。
でも私は毎日変えたい。

犬もそうで、自分が一緒にいられる休日はいつも手作りで
ちゃんと野菜とお肉とお米を料理してブッダ君に食べてもらうので、
私が料理している間、キッチンの椅子に座ってじっと待っている。

ドッグフードはブランドによって食べたり食べなかったりで、
買ってきたものすべてが無駄になるものもあるらしいブッダ君だけど、
お豆腐も湯葉も青魚も、手をかけてブッダ君だけに作ったごはんは
絶対に一分くらいで完食する。
ああいうのを見ると、ペットフードというものがいかに
加工品であり、動物にとって、
ローフード、
生の素材には勝てないものなのかと思うことがある。

もう少し、時間が持てるようになりたいな。
今になって、留学時代とかの、
毎日料理ができた日々がどれだけ良い時間だったのかと思う。
毎日好きなひとたちにゆっくりじっくりお料理が作れる、
そういう日がいつかきてほしい。




ブログランキングに参加しています。
毎日は更新できてないけど、
多少は暇つぶしになったよって方は
ポチしていってくださると
うれしい・・
(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝
FC2ブログランキングに一票鳥ブログ村ランキングに一票人気ブログランキングに一票
cotte cotteへとぶ











関連記事
Category: ごはん
Published on: Thu,  27 2016 23:32
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

サツマイモ、インコ、料理、和食

0 Comments

Post a comment