恋する小鳥

Irreplaceable 

ダリの老後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
IMGP0638aa.jpg



ダリ君の調子がずっと悪い 足がふらふらとして少し痙攣してる。
もう指が開きにくくなってて、木の止まり木は難しいみたいで、
細めのサボテンの止まり木にだけ、
ずっと引っかかるようにして止まってる。


私は以前マメルリハの寿命は15年生きたと聞いたことはあっても、
だいたい7年くらいでもおかしくないんじゃないかと書いていたけど、
うちの北極もダリもさえちゃんも10年以上生きてる子も珍しくなくなってきた。
とくに北極なんかは南極を亡くしてもぶいぶい言わせてるし、
毎日元気だから、あと5年ほどは余裕で生きてくれそうだ。


でもダリは日中、とうとう眠ってばかりになってきた。


はっと目を覚ますと、うとうとと食事して、またじっと餌入れに止まったまま寝てる。
にぎった足を触られるのが嫌で、ぐるっと胴を持たないとイヤイヤされてしまうから、
触らなければいけないときは、本当にそっとそっと。


ごはんもニガーシードや、麻の実など、
嗜好姓の高いものだけを食べるので、切らすわけにはいかなくなった。
もう危ないかなと思ってから、半年。
首を伸ばすストレッチをするようになってから、痙攣が少しおさまって、
小康状態だけど、みどちんがつきっきりで面倒見てるおかげもあって、
ダリは毎日目を覚まして、日々を過ごしてる。


食べて、食べて、寝て、大好きだった水浴びはしなくなって、
その代わり気が強くて、なんでも自分が先でないと気がすまなくて
食事も水浴びも全部後ろに並ばせてたみどちんに、今はすべてを譲って、さらに優しく頭をつくつくとしてもらってる。
ダリが眠っているときに、、様子をのぞくと、みどちんは前面に出てきて


「ここで引いて。今熟睡してるから。」


と、私を牽制してくる。



最初から足が悪くて、たくさん病院に行った子だった。
もうこのまま静かに、見守るつもり。
こうやって、すこしづつ天国に行く準備が始まることを知っている。
それでもダリといると、やっぱり今日も楽しいんだ。















関連記事
Category: マメルリハ考
Published on: Mon,  24 2017 00:00
  • Comment: closed
  • Trackback: 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。