恋する小鳥

Irreplaceable 

意外に和に合うチューリップ「マデロン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
IMGP0093.jpg



八重のチューリップ マデロンのお花は、ピンクの八重だったはずが、
半分くらいグリーンでなにごとかと思った。



IMGP0092.jpg


でもコロンコロンで可愛い。すぐに大好きになってしまった。


IMGP0091_20170503111332740.jpg


マデロンという花の名前は多い。そもそもクリスマスローズがクリスマスとつくのは
キリストが生まれた年の12月に、羊飼いの少女マデロンがお祝いしたいけど何もなくて涙をこぼしたら
雪が溶けて一面に花が咲いたとか、天使があらわれて土を触ったら花が咲いたとかで、
それをキリストに差し上げることができたというマデロンの伝説からで、
この花にもおきゃんな少女っぽさがあるので、そこからきているのかなと思う。


IMGP0028_201705031113305bd.jpg


グリーンの部分が最終的にはピンクになるのかと思ったけれど、
四分の一ほどグリーンのまま、ずっと咲いている。
八重やパロット咲きのチューリップが好きなのは、長く咲いてくれるから。
一重だと、ザ・チューリップ というかんじはするけど。あっさり散ってしまって
あまり手入れのできない自分には向いていないと思うし。


IMGP0018_20170503111328061.jpg


今は黒系を着ることが、おしゃれのようだけれど、
平安時代でいえば、至極色というのは、とても高貴な色で、帝の色でした。
若い男性はポップな色遊びを楽しんでたんですよね。
染織技術の素晴らしさは、当時にはもう追いつけないのではないでしょうか。
このマデロンのピンクは平安時代には躑躅色として、当時の人気色だったそうです。
グリーンとの重ねは、若菖蒲 という夏用の重ね色によく似ています。
だから洋風に見えるけれど、うちのような和風の家にもよく合うと思いました。


IMGP0012.jpg


球根花は本当にかわいい。
関連記事
Category: 恋する球根
Published on: Tue,  02 2017 00:00
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

チューリップ マデロン 球根 若菖蒲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。