恋する小鳥

Irreplaceable 

小鳥のブラック飯 ソバの実

IMGP0011.jpg



ソバの実はすごく可愛いテトラ型をしています。
この中に詰まっているのは白い実で、鳥たちにあげると
一生懸命噛むのですが、皮は柔らかいので、中の実を取り出す前にしなってしまうのか、
結局ほとんど嘴のなかで殻ごと割られて、つぶされた実から出た粉がいっぱい落ち、
餌に白い粉がかかったような状態になります。
その粉といい、香りといい、どこから見ても ザ・炭水化物 といった風情です。
鳥たちのてっとり早く吸収できる炭水化物の供給源になります。


IMGP0010.jpg


ソバの良いところだと思っているところは、体内のタンパク質を構成するアミノ酸のなかでも
もっとも不可欠アミノ酸といわれる8つのうちの8つともが
高い確率で含まれているスーパーな実だということです。
8つというのは下記の

イソロイシン 
ロイシン 
リジン 
メチオニン 
チロシン 
スレオニン 
トリプトファン 
ヴァリン

です。栄養学はもともと得意ではないので、
「アミノ酸は鳥さんに超大事!大事!」というまじないだけで、ずっとやってきましたので、
こうやって書き出してもチンプンカンプンなところもあるのですが、
とりあえず、

エネルギーとしての炭水化物、
嘴のつるんつるんを目指してのビタミン補給
ならびに羽毛や内臓の組織や血管を正常に機能させるためのアミノ酸

これらをめざしてのソバの実を餌に加えております。

アミノ酸も取りすぎはいけないという意見もございますので、
大量にあげるのではなく、あくまで、シードのなかの一構成部分 としてあげるのですが、
前述したように粉々になってしまい他の種が白い粉まみれになってしまいますので、
容器はわけてあげたほうがいいと思います。



IMGP0012_20170511012211f48.jpg



天井がぐるんぐるん回る目まいを患っております。
朝起きたらアニメのように天井が回転しておりまして、起きていても体の芯がうねっていて
力を抜いたら逆時計回りに勝手に体が円を描きます。
メニエールの遺伝家系で、年に一日は症状が出ていたのですが、
このたびは、何日たっても治らなくなってしまいました。
ずっと船酔いしているようなかんじですが、どうしようもないので、どうもしていません。
ただ、雛のときに斜頸の出ていた羽衣セキセイたちの気持ちというか、
気持ち悪さや、辛さが今にして思い知ります。
いつかまたそういう小鳥に会う機会があったら、もっと思いやろう、
もっと優しくしようと、思いました。








b_simple_87_2M.png





rank_007.gifnew_a001.gif
toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg

関連記事
Category: ごはん
Published on: Tue,  09 2017 00:00
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

ソバの実 seeds インコ 蕎麦