恋する小鳥

Irreplaceable 

ヒレナガニシキゴイの意思の疎通?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
IMGP0245.jpg


ヒレナガニシキゴイがおります。
先にこの大きなエルメスちゃんを、当時5cmくらいで飼い始めましたが、
あまりに丈夫でぐんぐん大きくなるので、コメットたちではスピードに太刀打ちできず、
ちゃんとした泳ぎ友達が欲しいかと思い、もう一匹ヴェルサーチちゃんをお迎え。
大きい方のエルメスは最初プラチナ色だったのですが、成長してくるとゴールドになりました。
ヴェルちゃんは最初からゴールドだったので、濃い金色です。
この2匹はとても仲良しです。まるで親子のよう。

我が家は現在水槽が3つと外庭のビオで魚の飼育を稼働しているのですが、
うちは大変問題児の大きな東錦が一匹おりまして、
その子に水槽をひとつ占領させているので、
もうひとつは食卓の上にあるおっとりさんの保護用キューブ水槽で、
残りは全員で混泳なんです。
この混泳水槽で、あの暴れ者の東錦と離れさせてくれるなら、
みんな仲良くやれるからね と言わんばかりの仲良しさで、
全員とても仲が良いのですけど、普段は金魚に紛れていても、ふと見ると鯉同士はよく一緒にいます。
自分たちが同じ種族だと、どうして魚自身にわかるのか不思議なのですけど、
どんなに離れていても、いざというときは二人で一緒。
ヒレがあるから他の和金系と同じように見えるはずだと思っても、
コメットたちとは一線を画するときがあります。
鳥のように声で判別できるわけでもないのに、
このように鯉は、どうして自分たちは仲間だと理解できるのでしょうか。
私はいつもそれが不思議なのです。


IMGP0251.jpg



以前は、鯉は割と水槽で飼育すると跳ねるので蓋があった方がいいのですが、
餌があげにくいので好きではないので、鯉はあきらめておりました。
でもヒレナガニシキゴイのヒラヒラがあの強烈な跳ねを抑制してくれるんじゃないかと考えて、
陛下ゆかりの鯉だったこともあり、お迎えしてみたら、これが本当に良かった。
すごく食べますから、90センチ水槽で金魚と混泳しているのですが、餌は金魚が残した分も食べるので、
この子たちが来てから水槽の汚れが減った気がします。
他の金魚たちとも仲良くやっていますし、日に日にヒゲが伸びてきて、
かわいかった面影が減ってくのが辛いですけど、まだ可愛い。いける。大丈夫。



IMGP0250.jpg



エルメスちゃんの鼻が好き。











line koi

ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。
記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
また、cotte cotteにもぜひご来店ください。

rank_007.gifnew_a001.gif
toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg





関連記事
Category: 恋する金魚
Published on: Sun,  28 2017 00:00
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

ヒレナガニシキゴイ 混泳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。