恋する小鳥

Irreplaceable 

これからの野望ガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
PICT0007.jpg




トイカメラで撮影した花がビビッドすぎるので、もてあましております。
眼がちかちかする写真ばかりが続きますが、よろしくお願いします。


一枚目の星の集合体みたいな花がアリウム。
去年安いアリウムギガンチュームを買ったら、背丈が半分ほど、球も以前植えたものよりひとまわり小さくてちっとも良くなかった。
やっぱり球根は安いのは失敗します。それからギガンチューム以外にグラジエーターやグローブマスターなど
同じような巨大葱坊主姿のアリウムがありますが、何度植えてもギガンチュームのほうが大きくて背が高いです。
やっぱりギガとついてるものに勝るものはないのですよ、早く知りたかった・・。

球根のアリウムとホリホック(立葵)は当たり外れがあるので、ひとつのお店で買わずに
複数のお店で苗や球根を買ったほうがいいと思うようになりました。




PICT0005.jpg



芍薬 乙女桜。


ずっと集めている芍薬。どれも、なかなか咲くまでに時間がかかります。
植えて3年くらいで一輪咲くかどうか。

あまり深く考えずに赤い芽のついた根を埋め込んでいるので、毎年何がどこに咲くのかさっぱりわかりません。
冬の間にあちこちから芽が出てくるので、踏んでしまったときの「しまったああああああ!」が何度か繰り返されます。
今の悩みは芍薬が6月までに咲ききってしまったあとのその場所の次の主役です。
芍薬と一緒に何を植えておけばいいのかなあ。



PICT0008.jpg


芍薬 ソルベット。


PICT0016.jpg


芍薬 プリマベーラ。


PICT0009.jpg


薔薇 レッドライオン。

背景にめずらしくピントがあっているのに、この肝心な薔薇のボケ感ったら・・。


PICT0012.jpg



のびのび元気なネズミさんたちみたいなラベンダーは大好き。



PICT0018.jpg




イングリッシュローズのプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。



ずっと庭に対する思いが花咲かせるー、鳥たちが見れるようにー、みたいなのしかなくて、
ただただ植えてたの。枯らしても勉強 みたいに割り切って。
でも今はなんとなーく自分の作りたい方向性みたいなのがようやく見えてきた。
好きなのは大きな植物だったから、そういう宿根草を混栽していこうかなって。
目指してるのは、あんまり甘いパステルのお庭じゃなくて、
辛口の、色のきつい、オリエンタルな庭。
山野草とかなしね、植えたら他が死ぬんじゃない?みたいな毒っぽい植物。
そういうものを、これからは観察していきたい。
あと、放ったらかしの庭 というジャンルもあるのですって。カルチュラルガーデンというらしい。
できればそのあたりを勉強していきたい。祖母が生きているうちは、あまり庭を触れなくなったので、
その間に育つ植物を植えるだけ植えておいて、じっと待とうと思って。
いつかまた、庭のぬしになれる日まで。




line rose




ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。
記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
また、cotte cotteにもぜひご来店ください。

rank_007.gifnew_a001.gif
toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg








関連記事
Category: 恋するガーデニング
Published on: Thu,  12 2017 23:20
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。