恋する小鳥

Irreplaceable 

全員で会おう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
RIMG1033.jpg




今年もよろしくお願いします。






RIMG1038.jpg



31日に事務所を出て、お正月のために少しだけお休みしました。
実家の母が普段はひとりで祖母を看ているので、やることが少しあり。

その間はストーブも消しますし、水の交換もできませんから、
防寒や餌の不足のないように、パーフェクト冬ごもりの状態に全員のカゴを準備していかなくてはいけません。
ウロコたちは特に自分でなんとかして脱走しようとしたりするので鍵もひとつじゃ効果を信じられずふたつみっつとつけて。
マメルリハは出しておけば出しておくだけ食べ尽くすので、それにも負けないようにカゴ一面に敷いて。
寒さ対策は巣箱やとんがりを設置して、そこに牧草や布団を敷いて。

何度も何度も確認して、最後に部屋を後にするとき、
心配ではち切れそうで、恥ずかしい話ですが泣きそうになりながら、

3日後また会おうね!全員で会おうね!一人も欠けることなくだよ!全員で年越そうね!

鳥たちはよくわからないけど、なにか壮大な別れを切り出されていることと私が動揺しているのを感じて、声に応えて
ぴりりり!ぴりりり!とか、とりあえず必死でこちらも大きく鳴いてて。
もう泣き合いです。ストレスかけてるの私じゃんってかんじで。
2日以上離れることがあまりないので、すきま風入らないように目張りしたり色々するけど、やっぱり寒くて心配で、
一人暮らしだったときは自由に好きなままできたのに、少しでも制限が入るとなにか本当にしんどくて、

でも励ましあってみんなで乗り越えようとするのも、少し楽しくて、
鳥たちとしばしのお別れ。

おととしもダリが心配で、心配で、さんざん迷ったけれど移動のストレスを考えて連れ帰らなかった。
ダリは夏に、とうとう逝ってしまったけれど、冬はそれほどまだ悪くなかったので、
1月3日には、元気に会えてた。
お正月にふたたび会えたときの感動とか、すさまじかった。
今回はヒップがめっきり元気がなくて、食欲も減ってきたように思う。
みんな少しづつ老いていく。私もそうなんだけど、必ず彼らが先に逝ってしまう。
そのとき傍にいたくて、できるだけ一緒にいたくて。

そして、正月から庭仕事して怒られながら、育てた葉っぱをいっぱい手にして駆け込んだ部屋に、
ヒップ君はちゃんといてくれた。
というか、全員いてくれた。ひとりも欠けることなく、体調崩すわけでもなく、
山盛りの殻と一緒に彼らは元気に迎えてくれた。
そう、S家は今年も無事に山を越えた・・!(アホな私)





RIMG1039.jpg



久しぶりにモデルのバイトもしてもらった。
マメルリハ男子の可愛さ爆発つるつる美少年だったヒップの愛らしさは健在。



RIMG1038.jpg




胸の骨が触ったら痛々しいほど出てくると、
小鳥さんの痩せ具合や死期がだんだんわかってきます。
目にも力が少しなくなってくる。
鳥はそれを隠そうとするので、ふさっとさせたり、触らせるのを前より嫌がったり。
でもどこかおかしい、なにかおかしい、止まり木にただすわっていても、
止まっているときの肩が少し前より少し下がっているように見えたり。
そういうシグナルにもう勝手に気づいてしまうようになってしまった。
いらない能力。




RIMG1036.jpg




それでもたまに、ジャンパーの裏側に紛れ込んで、
ぬくもりを分け合ったりしてくれる。




RIMG1032.jpg



愛らしさのかたまり。






関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Sat,  13 2018 00:13
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。