FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

マメルリハの寿命

RIMG2115.jpg



アゲハが立派なマメ男子になっていますが・・・。



RIMG2107.jpg



恋が全然うまくいきません。ですからいつもひとり、
おひとり様の男子は特に嘴のケアが行き届かない気がします。
カップル豆は嘴がつるつるピンクの子が多いのです。互いにGroomingして血行も良いからでしょうか。
このかさつきが気になります。



RIMG2110.jpg



マメルリハの寿命って今現在では、現地の環境で適切なケアを受けたとして
推定20年から25年と言われているそうです。
でも広く飼育されるようになったのは本当に最近なので、
そのためこれらは推定でしかなく、実際にまだ、どれくらいかは未知の領域のようです。
繁殖して子育てをしたり卵をよく産んだりするメスは、そうでないマメルリハより
短命なのは間違いないようです。
それもあって、えこひいきもあって、私はみどちんに子育てを薦めていませんが、
アゲハは迫ったこともありました。
キスまではしたのに、そのあとすげなくフられてるのを見たので、
キスが下手・・・?だったのかもしれません。




RIMG2116.jpg



瞳が大きい。昔のキヨシを思い出す。繁殖帳をずっと見返すことができないでいるけど
ずっとさかのぼっていけば確か血縁なはず。



RIMG2121.jpg



暑いのでしゅっとしています。


マメルリハの特徴といったら、やっぱりこのポーズですよね!
足が柔らかく開きます。とても股関節が柔らかい という表現になるのでしょうか。



RIMG2118.jpg


うずまりたい・・・。







line kiwi




ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。
記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
また、cotte cotteにもぜひご来店ください。

rank_007.gifnew_a001.gif
toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg




関連記事
Category: マメルリハ考
Published on: Sun,  17 2018 21:57
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

マメルリハ