FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

みどちんの変貌

RIMG2536.gif


みどちんは好物が、粟米玉子とエッグフードとニガーシードを混ぜたやつが好きで、
それをあげると、ただただずっと食べていて、なにか心配になるほど食べていることがある。
毎日同じメーカー、同じものをあげるわけではなくて、基本的には気まぐれローテーションだから、
次の週はエッグフードと別のペレットのミックスになってたりするんだけど、
なぜかみどちんは、種餌に興味をなくしてしまって、特にひまわりを一切食べなくなった。

エッグフードなどのタンパク質多めの餌と、炭水化物の皮付き種餌は、いつもそれぞれ入れているので、
毎日種のほうを入れ替えると、マメルリハというのはとにかくまず小粒ひまわりを食い尽くしてしまう。
それが、みどちんはもう見向きもしなくて、ずっとエッグフードのお皿にのったままになっている。
特に米に夢中で、ずっと食べてる。次がニガーシードで、別にそれでも糞は沢山出ているので、
食べてないわけじゃないんだけど、あまりにも種に興味を無くしているのが不気味なので、
種だけにしてみた。そうしたらカナリーシードだけ食べたみたい。ひまわりもソバもサフラワーも一切割られず。
正直嘴がどうかなったのかなと何度もチェックしてるけど、そうではないらしい。
綺麗にニガーシードや米は皮を剥いている。でも小さいからいいのかも。大きく口は開けられない顎の異常かも。
ずっと見てる。そのうにちゃんと食べ物が入ってるのを、寝る前にいつも確認してしまう。

みどちんはこの夏に二日連続で二回ほど、発作を起こした。ほんの20秒ほどだったと思うけど。
何もなく肩にいたのに突然羽をそらしてバタバタっと羽ばたいて変な形になった。
自分でも驚いて恐怖にはりついてる顔をしてた。
急いで胸に抱いて、羽を納めて大丈夫大丈夫と手で暗闇を作ってぎゅっとしてたら、
そのままおさまって、以降何もなかったかのように、いつもの元気なみどちんに戻ってた。
そのときは心臓発作みたいだったので、互いにびっくりしてしまって
私もそれ以上触っているのが怖くて、みどちんもショックを受けてカゴに戻っていったけれど、
次の日はまた元気に飛び出してきて、いつものみどちんだった。
でもその日も10秒ほど同じ症状が起きて、またすぐに戻った。
これはおかしいと、病院に行こうかとも思ったけど、台風がきてしまって、すこし様子を見ることにして観察にはいった。
みどちんは2日ほど足を痛そうにして沈んで見えてあまり鳴かない日があって、
思い切って鳥部屋に早いけどヒーターをいれて、暖めたら
みどちん以外の鳥たちがなぜか異様に興奮して騒がしくなって、その声にまた反応してか、
みどちんも元気が戻ってきたようになった。
それで安心していたら、ふとみどちんが皮付き餌を食べなくなっていることに気づいた。

食道にでも詰まってイヤな想いをしたのかな。何か悪いものでも食べさせてしまったのかな。
あれから発作は一度も起きてはいないのだけど、怖くて今はずっとカゴから出していない。
みどちんもブランコに乗ってこちらを見て、
指であたちの首筋かきかきしたかったらさせてあげてもいいわよとふくれてみせるだけ。
心配だけど、なんというか、ずっと一緒にいないとわからないレベルの違和感。

毎日半紙の上に落ちた糞を調べて、その量や色を確かめている私。
みどちんはもう高齢の部類になるけど、これまで卵も一切産まないし、発情もしないし、
骨盤も他の女子ほどしっかりしてないし、サイズも少し小さい。
マメルリハというよりはフィンチのような小さな鳥さんだ。
嗜好が変わっても、他の鳥なら気にしないのだけれど、やっぱり特別気にかけずにいられない。
私だって食べれないものが増えていく毎日なのに、
みどちんが食べたくなくなったものだって、この世にあってもいいとは思うけど。
それでもあんなに大好きだったひまわりへの情熱はどこに行っちゃったんだろ。
同じものばっかりじゃ痛風にもなっちゃうよ。
種や粟穂をまた食べてくれるみどちんに戻って欲しいなあ。




※追伸:後日読み返したら誤字脱字が多かったので修正しました






ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。
記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
また、cotte cotteにもぜひご来店ください。

rank_007.gifnew_a001.gif
toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg



関連記事
Category: 病気&怪我
Published on: Sat,  22 2018 00:00
  • Comment: closed
  • Trackback: closed