FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

見たことない子育て環境

RIMG2940.jpg


ミスター&ミセスホスタのところに生まれたヒナは2羽でした。卵は6つあったのだけど、孵ったのは2羽だけ。
小桜用の巣箱は中が広すぎて、温度調節が上手くできなかったのかもしれない。
もっと小さくて狭いほうがやっぱりいいのかな。

ただ、この夫婦は二度目の子作りで、一度目は全部だめだったので、
はじめてヒナが孵って大喜びしてるのがわかる。
すごく大事に育てているので、こうやって2羽に集中して育てられることはヒナにとっても良いことだと思う。

ミセス ホスタはいつもガリガリやっていて、中をすごく神経質に削ってたんだけど、
写真のホスタ母さんの上の仕切り板の角が端から端まで丸くなっています。驚きです。
嘴のあとがびっしりついています。ずっとこれを削っていたのねえ。

その削りカスも入っているのかもしれませんが、私はいまだかつて、
こんなにきれいな巣箱の中を見たことがありませんでした。
チップも替えてないのですよ、もうだから2カ月以上この巣材のままなのに、この綺麗さ。
巣箱の周りにも糞が飛び散ったりしていません。
ミセス ホスタの元来の綺麗好きの個性と、広くて新品の巣箱だったからと両方の理由があげられると思います。
あと、ここは父鳥を全然巣箱に入れないんです。
夜は一緒に巣箱で眠る夫婦も多いのに、ここはずっと外に立たされていて巣箱に入ろうとしては怒られています。
ミセス ホスタは昔から強くて、夫婦の仲も圧倒的に妻のほうが立場が上で、
ミスター ホスタ氏はヒップに似たちびっこ可愛い子ボーイなので、どうして妻が巣箱にいて
一緒にいてくれなくなったのか、「なんかわかんない」みたいな顔で困惑しています。
正直なんで子供がこの夫婦に生まれたのかよくわからないんですけど、
ホスタ君は多分ヒナの隣で、自分も甘えたいんだろうなあと思います。
パパさん頑張って。


ここまで来たら元気に育つと思うのですが、
今のこの可愛さもずっと続いてほしいような。
左のちっちゃなぴよぴよ感たまりません。あのピンクの手羽先のところが好き…。






ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。
記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
また、cotte cotteにもぜひご来店ください。


toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg













関連記事
Category: メイクラブ&ベイビー
Published on: Fri,  02 2018 23:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

マメルリハ

0 Comments

Post a comment