FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

みどちんへのラブレター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
RIMG3071.jpg
小松菜とほぼ同じ色のみどちん



秋が深まって、午前中のみどちんが鈍くなってきていることに気づいた。
いつも朝早くから餌入れや水換えを始めると、すぐにごはんを食べてパリパリしているのに、
最近はとんがり丸から降りてこず、ずっとぶらーんぶらーんとして用意をしていく私を見ている。
「おはよう」「おはよう」と全員の名前を呼んで確認するとき、
みんな一応「ピッ!」と点呼に応じてくれるんだけど、みどちんもちゃんと鳴いてくれるんだけど、
なんだか動きが鈍くて、膨れた感じていることが気になる。
気になるから何度も「おはよ!おはよみどちん!」と呼んでしまって、反応を見ようとすると、
後ろから次元達が「オハヨ」「オハヨ」と真似して答えて、コニュア達によるオハヨの合唱が始まってしまう。
それでもぼんやりするみどちんに私は心配でいっぱいになって、
午前中は心が千切れんばかりにドキドキして過ごすはめになる。




RIMG3069.jpg
ニガーシードつけたまま小松菜も食べるみどちん



午後になるとみんなまったりしてお昼寝タイムが始まるんだけど、
みどちんはその頃やっと目覚めたように食事に精を出す。
本気モードになると1時間ぶっ通しで食べて5分寝てまた1時間食べる みたいなことになる。
集中して食べてるから、そんなに痩せてもないし、糞も沢山出してるし、胸は夕方には詰まってパンパンになってる。
あと美食で、ちょっとでも時間がたつとしらっとした顔をして食べなくなるので、
できるだけフレッシュに開封したての餌を毎回何度もあげるようにしている。
惰眠なの。マダムなの。それともこれが、ちょっと年老いてきたみどちんの決めたサイクルなの。
小松菜すごく食べてくれた。こそっとカルシウム剤入れた水はバレて微妙な顔された。
スピルリナもみどちんは嫌がる。綺麗な水を、いつもいつもひとくちだけ飲む。


RIMG3068_20181120000919f54.jpg
誰よりもあなたを美しく撮りたいのです。



冬は危険。冬は怖い。どんなに暖かくしてても、鳥の心臓は小さくて何があるかわからない。
みどちんは半分くらい震えるようになった。高齢のマメルリハになると震えが出てくる子がいる。
みどちんは午後からは震えてない。動き出して血流が流れて、そうなると震えも止まってる。
夜や朝のうちは、少し止まり木に降り立つときに震えてる。

隣にブルーパステルの北極がいる。北極は二年くらい前はぶるぶる震えていたけど、最近また震えなくなった。
みどちんのずっとずっと年上のお爺ちゃんだけど、毎日よく食べて元気に暮らしてる。
北極は希望。みどちんは私の地球。緑の中に世界があるの。
その緑が私に野菜を食べさせ、同じ葉っぱを食べれて嬉しいとか毎日思わせる。
かわいい。美人。憧れのパリジェンヌみたい。芸能人みたい。
なんでこんな可愛い子が私のそばにいるのだろうと不思議になる。美しい。燃えるような緑。
緑の小さい宝石みたいな輝き。きらめき。「アイシテル」衝動のかたまり。

なんて素敵な睫毛。














ランキング用バナーです。
記事を見てくださった方、いつもお越しくださっている方有難うございます。
記事が面白かった、役立った、写真が好き、などの方は
バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします。
また、cotte cotteにもぜひご来店ください。


toriblogmura17.jpgcotteblog17.jpg



関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Mon,  19 2018 00:45
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

マメルリハ

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。