FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

みどちんまつりのエンディング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
今までありがとう


みどちんを、送りました。







ずっと一進一退といったかんじで、調子の良い日もあれば、鬱々としている日もあって、
食べてるふりで、食べてなかったり、もうヒーターから離れなかったり、
ブランコやとんがり丸も乗れなくなって、ただ止まり木だけはかろうじて上るといった様子で、

エッグフードしか食べなくなってくると、みんなもう長くない兆候なので危険で、
でも薬の効果もなかったです。震えも止まらず、ごはんに突っ伏したまま気絶していて
見つけたときは何度も窒息してるんじゃないかとあせったり。
そして、やっぱりだめで、発作の起きる感覚が少しづつ増えて。
最後は、冷たく冷たく、冷たく。
私はみどちんを、失いました。

これまで沢山可愛いみどちんを見てもらうことができました。
みどちんが好きと、よく言っていただくことがあって、とても嬉しかったです。
そんなに長くもなかったですが、短い人生でもなかったと思います。
病気がちの男の子の面倒も見、他の女子の生んだヒナたちの面倒も見てくれました。
どんな子にも寄り添って、私の手伝いをしてくれたときもありました。
沢山ブランコや止まり木に乗って、カメラ目線もしてくれました。

ちょっとだけ自分が入院しなくちゃいけないことがあったので、
みどちんを見届けるまで待ってから行くことにしていたので、ずっと長く一緒にいれました。
そのあとちょこっと病院へ入ってきて、ずっと泣けるけど、病院で泣き崩れないようにしようとして、
出てきてちょっと落ち着いてから、書いてます。
早く書いてお知らせしないとずっと伸び伸びになって向き合う勇気もなくなるだろうと思って、
それでようやく、書きました。

小鳥部屋へ行って、みいのいない籠を見るのが辛くて怖かったんですけど、
部屋に入ったら、マメルリハがいっぱいいて、すごくみんな可愛くて、
私はみいが一番可愛かったのかもしれないんですけど、
みんな顔も形も可愛いし、みんな好きなんだなって、あらためて思って、
でもみいは特別だったんだなって思いながら、またここから頑張らなきゃって思ったりもして、
みいがいなくなったことは、北極やアゲハはもうわかっているので、
複雑そうな顔をしているし、元気がないし、久々に会えたことで次元はいつもよりとても甘えてくるし、
鳥ってかわいいなあ、感情が豊かだなあ、みいも可愛かったなあって、
会えてよかったなあ、一緒に暮らせて幸せだったなあ、良い思い出にしようって、悲しいことはなくて
みどちんとの日々は素晴らしい時間だったって、バラ色の日々だったって。
今はまだ、全身の骨が抜かれたみたいな感覚なのですけど、
お仕事頑張って、次にみどちんに会える日まで、リュウ君やチロのときみたいに、
ペットロスの悪い状態にならずに頑張ろうって。
みいもきっと、今頃ヒップ君やダリや、玉ちゃんにだって会えて心細くはないはず。
小さな爪の先を切るたび愛しくて捨てれず残していたので、ちょっとだけお薬と一緒に飲みました。
体の中にみいが入って、私の庭の花の下にみんなと眠って、
これからも一緒にいるんだって、そう、前向きなまじないをかけました。
みどちんのママはまだ長寿で元気に暮らしてるのですが、娘のみどちんは生涯を終えました。
小鳥はなかなか親より子が先に行ってしまうことがたびたびあって、はかれないですね。

私はみどちんに恋をしていました。熱狂的な恋でした。
母性とかそんなんじゃなかったです。ただただ好きでした。可愛くて綺麗で優しくて愛嬌があって、
こんなに気持ちや言葉が分かり合える鳥はまれだったので、絶対的な存在でした。もう虜になっていました。
そんな思いを何年も書き連ねてきました。
だから、お知らせをしなくちゃと思って。
お礼も言わなくてはいけません。
悲しみの種を蒔きたいのではなく、ただ、本当にお知らせをしたくて。
みどちんをこれまで見てくださったり、愛してくださったりして、本当にありがとうございました。
みどちんは明るくて陽気で、ビニール袋のさわさわ音にだけ怒髪天を衝く、
ユニークで愛らしい一生でした。


S子











関連記事
Category: ペットロス
Published on: Mon,  17 2018 22:03
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

- 2 Comments

たぬき  

ずっとブログを拝見させていただき、コッテコッテのリピーターでもあるのにコメントさせて頂くのは初めてです。
そう。きっと。S子さんがおっしゃるように悲しみばかりではいけない。私も自分にそう言い聞かせてはいますが、なぜでしょう。この手に抱いたこともないみどちんがもうこの世にいないと知って涙が止まりません。私もマメルリハを3羽育てています。同年代なので勝手にS子さんに自分を重ねながら心の中で精一杯応援しています。これからも素敵なブログをよろしくお願いします。

2018/12/21 (Fri) 09:16 | EDIT | REPLY |   

ぶう  

みどちん ありがとう

可愛い可愛い緑子ちゃん、たくさんの可愛いをありがとう。

2018/12/18 (Tue) 11:22 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。