FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

次元君がもう私とは話さないと背を向けた話

DSC00205.jpg


寒いですね。
何週間か前にウロコインコの次元(じげん)に鼻を噛まれてかなりの怪我をしました。
一生傷っぽい痕が残りましたが、鼻なのでファンデーションで隠れますし、全然気にしてはいません。
他の子にちょっかいを出そうとしていたのをちょっと止めたらイラっとされたみたいで、
私の肩にいたのが突然鼻に噛みついて数秒ぶら下がるという攻撃を受け、
思わず手で払ったら離れてくれたのですが、ポタポタと血が落ちてなんだか惨事なことに。

次元に噛まれたのは初めてだと思うのですが、
犬と一緒で、ウロコインコは噛んでしまうとすごく自分で落ち込んでしまうことがあって、
そこがマメルリハとは違うといつも痛感するところです。
その時も次元はすごく興奮してしまって、ケージに自分から戻っていって、ギャーギャー騒いでいたのですが、
しばらくすると、自分のねぐらに早々に入って出てこない。

以来、いつもほぼ会話が成立する私との鳴き声の応酬にも返事をしてくれず、覚えた単語も話さなくなって、
まるでただのウロコインコ語しか話してくれず、オハヨーや、オヤスミも何度言っても返してくれませんでした。
よそよそしい態度だけど、興味はあるのかじっとこっちを見て、
食事や水の用意をする私の手や腕には過剰反応のように怯えてオロオロ。
私の鼻には何日も絆創膏が貼ってあって、それが異物に見えるのか他の鳥までもうオロオロ。

手で払ったのがまずかったんだなあ、すぐに取りなしたつもりだったけど怖がらせたのかなあと反省して。
次元も何か大きな事件を起してしまったことだけはわかっているみたいで、
鳥頭イコール次の日忘れるなんて嘘だよ、この子達すごい頭脳だよ記憶力だよって、また思ったり。


次元はそもそも大人になってから飼えなくなったということでもらい受けた子で、
最初からそれほどヒトに懐いているわけでもないのですが、
おしゃべりは次元が歴代の鳥のなかで一番上手で、ずっと私に朝昼晩しゃべりかけてくれる子で、
私は一階にいても、二階の次元と声を掛け合っていつも会話してきていたので、
その子が私と、鳥語だろうが人間語だろうが、会話が成立しない子になってしまったことはショックでした。
私がよそよそしく放置される期間はしばらく続いて、毎日フルーツやジュースでご機嫌をとっては撃沈の日々。


それが昨日からどうしたことか、ようやく肩に飛んできてさかんに頭をこすりつけてくるようになりました。
まだちょっと顔を近づけてくると、「また鼻噛まれたらどうしよ、怖えええ」という恐怖があったのですがぐっと我慢して。
次元はここ連日のフルーツなどの差し入れが効いたのか、すっかり陽気に戻って、
耳元でオハヨーやピカチューを何度も何度も連呼して私に問いかけをするように。
私も一緒に歌を歌ったり、次元の好きな一緒に舌をちちちち鳴らしたりしながら何かを必死で取り戻してた。
ああ、よかった。もう元の彼にはもう戻ってくれないのかとずっと不安だった。ほっとした。
しゃがれ声のくすぐったい、その声がずっと聴きたかったよ。


次元が噛んだ理由は私が次元の息子の月山(がっさん)とリンゴを食べていたときで、
リンゴが欲しかったのか、月山を噛もうとしたので、かばったら勢いで私をガブッと、鼻を、そうガブッと。
月山と間違えたのかな?それとも拗ねたのかな、いやいや「俺の教育的指導を邪魔すんなやババア」ってところかな。

写真はその息子の月山です。月山はコートやカーディガンやベストの中に潜りこませて育てたので、
今でもそこに入り込んで眠るのが大好き。
そういうベタベタした関係が次元を怒らせるのかなあ。
月山は次元には絶対に逆らいません。カーストがあるのか、次元はマメルリハにはまったく勝てませんが、
ウロコインコの中では誰にも逆らわれることがありません。
月山はオカメインコと同じカゴで暮らしているくらいおっとりさんなので、
なおさら年配の次元には逆らえないようで喧嘩にはなりません。
それを私がかばったのが同じ敵に見えたのかもしれません。男心はもう複雑でわからん。



ウロコインコは白く縁取られた瞳がいつも黒々と輝いていて可愛いです。
笑顔なんですよね、いつもニッコニコ。可愛い。
ちなみに鼻ですが、内側も切れていたのか、しばらくは鼻をかむとすぐ中も切れて血が出ました、驚きでした。
ウロコインコの嘴は強いですよやっぱり。すごい。
お父さんみたいにいつか私を噛むときがくーるーのかも知れないけど出来れば鼻以外でお願いしたい。








関連記事
Category: コニュア考
Published on: Sat,  09 2019 01:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

ウロコインコ コニュア

0 Comments

Post a comment