FC2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

蕾を見ると元気が出ます。

DSC02755 (2020_07_15 16_19_05 UTC)



蕾が好きです。形も好きだけど漢字も好き。仮名読みのゴロも好き。
蕾って、bud ばど 、全然bird と区別して発音できない。
でも好きなものは似るっていうし、バード好きもバド好きも一緒で。



DSC02756 (2020_07_15 16_19_05 UTC)


牡丹、島錦の蕾。
フランス牡丹、中国牡丹はなかなか地植えに失敗していますが、
日本牡丹は失敗しません。やっぱり日本の風土に強いですよね。


DSC02913 (2020_07_15 16_19_05 UTC)


アリウム、ギガンチュームの蕾。
まんまるで可愛いです。
最近は本場イギリスでもクリストフィーや、パープルセンセーションなど、
50㎝くらいの背丈のものが人気のようです。
セレブガーデナーのyoutubeなどでも、もっぱらそっちを推しています。
倒れにくいから風景を作りやすいのだと思います。
でも私はこの背丈の高くなるギガンチュームが好きです。


DSC02915 (2020_07_15 16_19_05 UTC)


ここから紫になってポロポロ外に飛び出していくのですが、
この姿でも緑の花みたいな形が楽しめて楽しいです。
ぎゅっと詰まったものを見ると、エネルギーを感じて幸せになるみたいです。


DSC02921 (2020_07_15 16_19_05 UTC)



伸びていこうとするホリホック。
三角がいっぱい。


DSC02922 (2020_07_15 16_19_05 UTC)



草系植物の楽しさは、細胞分裂がどんどん行われて成長していくところ。



DSC02923 (2020_07_15 16_19_05 UTC)



綺麗な葉でいてくれるのは5月くらいまで。
6月過ぎると葉巻虫がどこからともなくやってきて、この葉をボロボロにしていきます。
どんどん倒れるし、どんどん咲いて落ちるし、ホリホックってなかなか難しいです。



DSC02925 (2020_07_15 16_19_05 UTC)



大好きなラムズイヤー。
肉厚でモコモコしています。あたたかくて羽毛に似ている感触なので、
小鳥達の眠っている場所に特に沢山植えてます。
暑さに苦手なので心配していましたが夏越しもしてくれて、
半日陰でも増えてくれています。
いつもニギニギしたり撫でたりして、天国の小鳥たちと会話しています。



DSC02711 (2020_07_15 16_19_05 UTC)


あけぼのの咲きかけの蕾です。
赤い絞りが入っているのも全部あけぼのです。
最も愛しているチューリップですが、今年はまだ植えてないです。
早く植えないといけないの、わかってるのですが、
なかなか時間が作れなくて。


DSC02715 (2020_07_15 16_19_05 UTC)



つぼみが可愛すぎるんですよね。
みんなそれぞれ違う羽みたいなガクがぴんぴん空に伸びていて。
本当に好き。




関連記事
Category: 恋するガーデニング
Published on: Sun,  29 2020 23:43
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

牡丹 チューリップ 球根 あけぼの 島錦 ラムズイヤー ホリホック

0 Comments

Post a comment