fc2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

ヒノマルアフロ

DSC05297.jpg



金魚が冬眠しています。


金魚は変温動物なので、寒い時は食が進みません。
食べたそうなふりするのですけど、実際はそんなに食べられない。
だから本当はしっかり冬眠させても問題ないのですが、
うちの金魚たちはものすごく食べる方たちなので、
冬場でも一か月の二回ほどは与えるようにしています。
冬の間は苔もそのままにしておくので、おなかがどうしてもすけば、
その苔も食べていくので、水槽が汚いうちは放置でいいんですけどね。



DSC05301.jpg


お鶴です。
私が長く金魚や熱帯魚を飼育してきて思うに、
金魚というのは、時々一斉に病気になることがある、ということです。
それは8年くらいに一度の割合で、ある気がします。
水槽全体がどうしてもおかしくて、いくら洗浄しようと水換えしようと、
薬剤で表面的には治そうとも、
そのガラス水槽とイクイップメント自体をまるっと交換しないと、
なんとなく病原菌が取れなくなって、私のように週末アクアリストをしていると、
いきなり魚が全滅に近い割合で病気になって星に手遅れになってしまいます。

それは季節の変わり目だったり、
知らない間にお客さんが餌をイレギュラーであげてしまって、それが腐敗したり、
たまたま魚が一匹死んでしまって、気づくのに遅くなってその体にカビが生えたり、
新しい金魚を投入したときのクリーニングが甘くて、何週間もたってから病原菌が発露したり、
買ってきた水草や庭のビオトープから入れた浮草から原虫が持ち込まれたり、
色々原因はあります。
ちゃんと飼育していれば大丈夫、とは思わないです。
そういうことは、どうしても起こるものだと思って、
普段から何か異変がないかなと、目を光らせて水を交換することしかできないです。

そのなかでも、みんなが次々星になってしまうような病気が蔓延しても、
なぜか生き残る強い個体がいます。
薬剤や塩浴でも治らない子もいますが、
絶対に倒れない子、もともとの体の強い個体というのがいます。
そういう子に巡り合えないときは、ハラハラした金魚生活が続きますが、
そういう子たちと暮らせると、安心のロングライフ金魚生活が送れます。

うちでいえば、今はこの丹頂のお鶴、東錦のお染、出目金のおレオ
この3匹はどんな時でも一緒で、元気にもう何度目か冬を乗り越えてきました。
カルキ抜きを切らしても、水道水でなんなく水交換もできますし、
エアを3つも入れていますが、普通の金魚だと泳ぐの辛そうな水流もなんなく超えてくれますし、
餌もバクバク食べてくれますし、一度電気系統のミスで30分ほど水槽内に弱い電流が流れてたときも
全然平気でした(私の手はビリビリ痺れてそれで気づいたんですけど)。
みんな20㎝超えに育ってしまって、グルメなので餌が高価だったり気難しいんですけど、
熱帯魚水槽で大量発生してしまう貝さん達が好物で、
ざっと集めて彼らの水槽に入れておくと翌朝には皆いなくなってしまい、
それがまた骨になって体が大きくなって・・・。



DSC05302.jpg
奥からおレオ、お染さん、手前がゴールデンコメットのおきんちゃん。どんどんオレンジコメットさんになっていく。
みんな起きてるように見えますが冬眠中で寝ています。


ちなみにお鶴とおレオは2年前こんなでした(真ん中と右端の黒い仔)。
          ↓


DSC01172 (2020_07_15 16_19_05 UTC)


小さくて可愛かったあの頃のお鶴。
線が細くて心配してました。
今は立派な赤い肉瘤から冬になると時々白い汁が出ます。
昔は白点病かな?と心配しましたし、そういう時もありましたけど、
そうではなくて、ずっと雫としてついていて、押すと乳状に流れます。
体液なんでしょうか・・。なかなか高頭丹頂はほかの金魚のヒレなどで傷つくと
そこから菌が入って破壊されてしまったりして難しく、
本当は単独で飼育するのが一番いいだろうと思います。
肉瘤の間に埃もたまって雑菌がはびこったりと、
赤だからこそ目立ってしまい、触ってしまい、また弱らせるというか。
そういう時期を乗り越えて、お鶴は強く美しく君臨して、
とうとう餌をバクバク食べる、丈夫な丈夫な大人の金魚になりました。

それでもまだ、一匹だけ気温が低下すると必ず病気になります。
やっぱり東錦や出目金という日本に定着した金魚と比べるとするのなら弱いほうかなと思います。
エロモナス菌が発露して、ヒレから糸を引いたりして、薬浴することになります。
この冬もひとりだけ体調を崩したのですが、
しっかり治してくれてあと少しで冬眠も終えそうで見守っています。

平野選手が日の丸を掲げた写真があまりに格好良かったので、
日の丸とドレッドがこんなに合うとは!と、全世界のファンが驚いたと思いますが、
日の丸のアフロも格好いいのだと、丹頂ファンはずっと宣伝したいのです。




line koi

くそ高い粘膜増強餌というのをあげてるけど、効果はわかってない。


cottecottego.gif

関連記事
Category: 恋する金魚
Published on: Fri,  18 2022 23:19
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

高頭丹頂東錦出目金コメット金魚冬眠

0 Comments

Post a comment