fc2ブログ

恋する小鳥

Irreplaceable 

再会の玉

DSC07511.jpg


アリウムといえば背の高いネギ坊主と言われるギガンチウムだけど、
私はずっと疑ってかかっていた。
昔植えていたギガンチウムと今のギガンチウムは大きさが違う気がする。
年々球が小さくなってきている気がする。

背の高さは150㎝ほどで変わらないのだけれど、10年昔のアリウムギガンチウムは、
ギガの名にふさわしく巨大なボンボンとした紫のみっしりと花で埋まった玉だった。20㎝はあった。
花の重みで太い茎でも支えきれず倒れるのが嬉しい悩みだった。

私はその初期のインパクトが忘れられず、毎年植え続けてきたけど、
どうも年々しょぼくなっている気がしていた。
安い球根を買ったせいかと次の年は高い球根を買ってみたりとしたけれど、変わらなかった。
葉と茎は変わらず雄大なのに、球がちょこんでは、なんとも間抜けになり、
違うなあ、違うなあ、と思いながらも毎年ギガンチウムを植えてきた。
並行して、アリウムは毎年色々な種類が出てきたから、片っ端から植えてきた。
そうするとどのアリウムよりもギガンチウムがやはり一番背は高かった。
もっとお高いグローブマスターだの、グラディエーターだのいかにも巨人的なお名前のが出てきたけど、
背が低かったり、花がスカスカだったりとイマイチで、どうにも締まらない感じで好きになれなかった。

でもようやく、昔感動した花と同じ花を持つアリウムにようやく会えた。
毎年新作が出てくるアリウムの中で、去年出たパープルジャイアントというのが、とても良かった。
まだ確かに少し背は低く130㎝ほどだけど、とても太くてがっしりした茎に、
大きな密集した紫の花の玉。



DSC07226.jpg


蕾から巨大でワクワクだった。集合体が苦手な方はごめんなさい。


DSC07513.jpg


全部咲いた!色んな種類の蜂が来ていて、ブンブン飛び回ってて嬉しくなった。


DSC07516.jpg


私にはこれ、全部仰向けの亀の脚バタバタしてるところに見えるんですけどね・・・。


DSC07518.jpg


今年はお試しだったので2球しか植えなかったけど、とても気に入ったので、
来年はギガンチウムとパープルジャイアントの2強で30球くらいいこうかなと計画中。
ようやく大きくがっしりしたアリウムにまた巡り合えて嬉しい。

坊主系のアリウムは気候的に掘り返してもう一度植えても大した成果は見られないので、
もったいないけど、ほぼ一年きりの寿命になる。
毎年新しいものに挑戦できると思えばそれもまたチャンス。

咲いている間に沢山の虫たちをもてなしていた。
本当にモテモテだった。アリウム冥利につきただろうか。






line grass
麻辣系を食べると頭スカッとしすぎて際限なく鳥部屋を掃除してしまいます。
そしてまた無性に食べたくなる、怖い。


cottecottego.gif
キンダーガーデンテーブルスイング復活しました('◇')ゞ
関連記事
Category: 恋する球根
Published on: Sat,  11 2022 00:54
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

アリウム,ギガンチウム,パープルジャイアント,

0 Comments

Post a comment