恋する小鳥

Irreplaceable 

携帯も小鳥飼い仕様

私は大嫌いな携帯電話をとうとう持つことになり

「とにかくメールとかできないやつでお願いします」

などとわけのわからない注文をしに携帯電話ショップへ出かけた。

店員さんが困惑の表情をうかべながら

「セカンド携帯のお申し込みですか?」

と聞いたので

「いえ、新規です。何年ぶりかわかんないくらい。」

と応えると、マニュアルとおりにしか話せなくなっているのか
しどろもどろになって、上司の人が代わってくれた。
どうも老人対応みたいな人らしい。
私は31歳女性自称キャリアウーマンなんだが。

「かかってくるだけなので(ほとんどかけない)最低料金設定で
安くて何のサービスもついてないやつ」

と説明してみるが、なんとなく

「私愛人なの。パパが携帯持てって言うから。」

みたいな雰囲気になって、なんだか居心地が悪く、
早々に引き上げたくてたまらなくなってきた。
おまけに携帯ショップは、当たり前だけど着信音があちこちで鳴る。
私は着信音とか呼び出し音で引き起こすパニック障害から
立ち直ってまだ1年半くらい。
こんなところにいると、発作がくるんじゃないかと気が気じゃない。

で、店員が価格の安くて在庫のあるほうから3種類出してきたので
ほぼ直視もせず携帯をほとんど見もせずに一番手前にあった白いやつを

「これ!」

と指差した。

それがauのW43CAだった。

そして月曜なので混み合ってるとか何とか言うので
何の説明もいらないから用意して待っててと言い放ち
書かされた書類の内容もろくに見ず
逃げるように隣のドラッグストアへ飛び込んだ。
病人でもないのに、ドラッグストアに来ると落ち着くのはなぜだろう。
美人でもないのに、最新のマスカラを買ってしまうのはなぜだろう。
ついでに巷で痩せると評判の「バナナ酢」をなぜか衝動買いして
思い切り重い荷物を下げながらもバス乗り場のベンチで座ってた。
1時間後に取りに行って手の中でとりあえず
着信音がでないようにする。
誰にも番号言ってないからかかってくるわけないのに
馬鹿だなあと自分で笑う。

するとその携帯のメニューをあけると

さいちょう?


小さな鳥がひらひらと
選択したマークに向かって飛んではばたきしている。

飛んでる


なんとかオオハシだっけ、親みたいなのもいる。
この鳥も羽ばたきしたりする。

他に待ちうけではアライグマやペンギンやカンガルーなど
いっぱい動物がアニメーションで出てくる。
それもポップですごく凝ってる画像なのにびっくり。
携帯を開けてもかわいい小鳥がぴらぴらぴら~って飛んでくるので
なんだかこの携帯が大好きになりました。
意味なく携帯を開けて小鳥を眺めています。
小鳥飼いさんにはオススメです。




最近トップ10入りが続くようになりました。
他は文鳥さんのが多いですね。マメは少ないなあ。
にほんブログ村 鳥ブログへペットリンクス

関連記事
Category: 小鳥グッズ
Published on: Sat,  20 2007 15:43
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment