恋する小鳥

Irreplaceable 

十姉妹はロバと同じくエライのだ

ふさふさなのはなぜ?


こんばんは みなさま

今日はなんとはじめて
FC2ブログランキングで3位にはいりまして
とってもとっても嬉しいS子です。

いつもいつもFC2のランクはなぜか圏外だったので
もう諦めていたのですけど、
沙門のバナー 新しくした甲斐があったような。
もちろん皆様の優しい気持ちのおかげです
アリガタヤ,アリガタヤ…(= ̄人 ̄) ・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆


さて、今日までで冒頭の写真の
イノ夫婦の名前の応募をしめきります。
沢山の名前ありがとうございました。
明日の朝に下ろすつもりでおりますので
それまではまだ描けますので ぜひなにか思いついたら
書いてくださいね。
この子達もやっとカメラをむけても逃げない程度まで慣れてくれたようですが
名前がないので いまいち互いに気まずいかんじで
「えー?なんか用?ていうか誰としゃべってんの?」
的な 戸惑いを見せております。

めんどくさいとか言うな


ていうかルチノーちゃん それにしてもふさふさ・・・。

このルチノーちゃんはどうも普通のサイズです。
もうひとりのルチノーのマチルダは 和田アッコかしずちゃんみたいに
とにかくガタイがでっかいのですが
ルチノーは大きいと元々聞いていたので、それが普通だと思っていました。
うーん、本当はマチルダが巨女なだけなんじゃないだろうか・・・。


挿し餌がいっぱいはいっています


胡錦鳥のヒナの挿し餌ですが うまくいっております。
育て親 は昔は使うの苦手だったんですけど
最近はこっちのほうがスプーンより楽ーに思えます。
挿し餌のレシピが違うので インコたちと別々に作るのが
なんかちょっとめんどくさいんですけど
インコたちが食べる “てぷとろっ” としたのは
育て親の管のなかに入りにくいので 使えず・・。
でも綺麗に大きくなってきている気がします。
このまま順調に育ったとして、果たして手乗りにちゃんと
なってくれるかなー、微妙だなー。

神戸のお嬢さまのブーツみたいな色


私はフィンチのヒナはみんなそれぞれ顔形に味があると思うんですけど
胡錦鳥は このふさふさのクマさんフェイスに、
羽色が綺麗なことがあげられます。
もうなんともいえない苔色の背中が綺麗だし、
あごの下から胸にかけての このモカ色がつやつやで
すんごく上等(?)に見えます。
ほら・・あの、なんかこういうヌードベージュ系って
やけに高級に見える・・そうあれです、あれ。
パステルイエローは帽子のへんがありえないひわ色だったりして
とにかく胡錦鳥はちびっこでも
ファッショナブルな方が多いです、とっても。

とかげ?


一緒に育てている十姉妹の赤ちゃんです。
口が胡錦鳥より小さいので 育て親をつっこむようにして
餌をあげるのですけど、
なんなくうまく食べてくれて助かっています。
十姉妹はほんとに手がかからないし、色々助けてくれるしで、
ほんとにありがたい存在です。

昔エジプトにいた頃、あの国は車と一緒の道でもまだ馬車が多くて
日本での軽トラックの役割は全部ロバの馬車が担っているんですよ。
野菜売ったり、なにかを運んだり。
でも日本語で「このバカ!間抜け!」って言うときには
「ホマール(ロバ)!」って言われるくらい、おばかさんの代名詞になっていて
ロバ好きの私は すんごくそれには反感をもっていたんです。
ロバは人を全部見分けるし、記憶力もいいし、
一度でも優しくしてくれた人には すぐになついて
向こうから挨拶して甘えてくるくらい賢い動物なんです。
それが重い荷物を引かされて涙を流していたり
ハエにいっぱいたかられていたり、
のろのろとしていると何度もムチで叩かれたりする子が町にあふれていて
私はほんとに虐待されているように思えていつも可哀想で
ついお金をにぎらして なんとかもう少し草をやってくれ と
よく道端で頼んでしまったりしました。
でもそのお金を多分お茶でも飲んで使ってしまうような騎手でも
「この世で一番エライ動物は?」と聞くと みんな即座に
「それはロバだ」って答えるんですよ。
日本じゃやっぱり「チンパンジー」とか
「犬」とかって答えが多いと思うんですけど
アラビア語の教科書に載ってるような馬鹿の代名詞なのに、
みんなどこかで尊敬したり、家族として暮らしていたり
愛情があるんだなあって、なんか自分の思い上がりとか
見識のせまさとかを 思い知ったものでした。
私達は早々にロバや馬を捨てて、車に乗り換えてしまった民族で、
今になって奴らの国の原油に一喜一憂の日々。
でもいつかはロバに乗って暮らしたいというのは
多少 本気の夢だったりします。
その頃にはエジプトに帰っても 立派にできる
仕事があればいいんだけどな。

で、なんで突然ロバの話題を書いたかというと
私は家畜を飼ったりしていないので、正直愛玩動物としての
ペットの良さしか感じたことがなかったんです。
それは精神的に癒されたりしますし、満ち足りるに十分な
愛情をそそいでくれて幸せな気分になりますが、
「おお、お前は使える!」
というような、役立ちマンは十姉妹がはじめてで、
どちらかというと「かわいいけどその分 手がかかる」のが
我が家では当たり前でした。
なので、十姉妹が仮母としてこんなに活躍してくれたりするのを体験すると
また他の子とは違う愛情や信頼が芽生えてきます。
そうか、動物と共存するって、こういうことでもあるんだなっと、
ちっちゃい身体をなでなでしながら 私はひたすら労をねぎらい
感謝するのでした。




ランキング参加中です! 『来たよ♪』 の代わりに、ポチッとお願いします
↓↓ポチっとクリック↓↓
ありがとう!  にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
人気blog Ranking
マメルリハは可愛い ぶろぐ村 鳥ブログ躍らせて!
FC2ブログランキング
↑応援して頂けると踊るような気持ちになるそうです↑
関連記事
Category: 今日の小鳥たち
Published on: Wed,  30 2008 22:03
  • Comment: 3
  • Trackback: 0

3 Comments

きゅあ  

↓間違えました。多種飼いでした。。。

2008/05/01 (Thu) 10:06 | REPLY |   

きゅあ  

おっと、多頭飼い一位じゃありませんか♪
おめでとうございます。

2008/05/01 (Thu) 10:04 | REPLY |   

へご兄  

十姉妹は 並が似合うように思う

そんなとこが好きだ

2008/05/01 (Thu) 00:13 | EDIT | REPLY |   

Post a comment