恋する小鳥

Irreplaceable 

恋しいのに、なぜ喧嘩しなくちゃいけないの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
アジサイがつぼみづいてきました


こんにちはー。


私には長くつきあっている彼氏がいるのですが、
その彼氏に色々あったようで、この冬いったん白紙に戻りました。
ですが、結局長くつきあっていたせいもあって、
もう大人もいいとこなので真剣に決着つけるのとか面倒くさくって、
なんとなーく付き合ってはないかもしれないけど、
他はいままでと何にも変わらない同じ関係を、
ずるずる続けて今にいたります。

私としては、砂漠で結婚にやぶれた時から
愛は結構一方的なものになりつつあって、
あげられるのであれば、もらえなくても充分満足なので、という境地にいたり、
期待したり、約束したり、束縛したりすることが
できなくなってきています。
ですが、付き合う相手にとっては一般的に
自分が尽くした分の見返りは当然くるもので、
気持ちには気持ちで、約束には誠意で、なんて縛られていき、
私にも自分にあわせることを望みます。
私はそんなことをしなくていいよ と言ってくれるのが一番の愛に思えるので、
ただsoulでつながっていたい私と、
形を持つか捨てるかしなければ という強迫観念におかされている彼とでは、
議論は平行線のまま、すれ違いはどんどん増えていきます。

元々私はとにかく短気な人が嫌いなのに、彼は超高速短気男で、
私がぼけっとしている間に 次から次へキレていき、
何に怒っているのかがわかんない内から罵倒されます。
私はそういう即ギレな男の子供っぽさが妙に鼻についてしまうので
余計に無口になってしまい、
そんな私の静かなる逆ギレについていけなくなるのか
さらにキレた彼が最後は毎度、捨て台詞を残して飛び出して行きます。
遺された私はといえば、彼の言葉に受けたダメージをそっとなでつつ、

「ここで、長渕剛と結婚した志保美悦子なら、
 売られた喧嘩を買ってがんがんやるんだろうなー、
 んで最後は殴りながら、いつのまにか抱き合うんだよなー」

なんて、いつもドラマ 「とんぼ」 を思い出します。
突き放されて、「勝手にしたら」と返すよりも、
突き放されて、「ごめん、あなたと喧嘩はしたくない」と素直に謝るほうが
公算は高いといつだったか勉強はしました。
だから悦子のように勝とうとしなくても、負けてあげることはできるのに、
例えその時は先に折れた私がはがゆくて、振り払った手をもう一度つなげず
「知るか」と意地張って出て行く彼も、
機嫌をなおしてくれる時間がそのほうが早いのを知っているのに、
私はもう素直になれなくなっていて。
絶対謝れない人だから、こっちが先に折れないといけないって、
そうしてあげないと2人は一緒にいられないって、よくわかっているのに、
それでも、やっぱり傷つけられた傷が深くて、
付き合ってるかどうかもわかんないのに、なんでこんなに
傷つけてくるんだ と理不尽に思ったり、ずるく思ったり、
どこかで、思い切り口撃してくるのは、私が特別だからだろうか、とか、
また勘繰ったり、愛を少し感じそうになったり。

どうして、民主主義とか共産主義とかでなく、
人類は博愛主義の世界をつくることになれなかったんでしょう。
世界がひとつになって、結婚が自由になって、多夫多妻があたりまえで、
みんなのものが誰のものにでもなってくれたら、
国境なんかなくなってくれたら、
ねたみや恨みや、そんなものが少しでも消えて、
誰でも愛し合える、そんな世界が宇宙のどこかにあるなら、
火星でも月でもなんでも ああ、移住したい。


次に逢えばどうせまた超ご機嫌さんに戻っていてくれるんだから、
今日のことは忘れよう、なんて、自分で自分を誤魔化しています。
性格とか、そういうのをお互い知らずに、
理解する前に好きになっていましたので、
後から性格や生活意識の不一致がやってきてもなあ・・・。
喧嘩するほど仲が良いなんていいますが、
仲が良いからといって、「じゃあ喧嘩しよっか」なんてことではないし、
「あなたに逢えてよかった」なんて世界には生きられない。
若くないんだから、そうそう涙も使えなくなってきていて、
ここぞという時に泣いて許してもらうことができずに、
あとでひとりになってじっと唇を噛んでしまう、
そして少しだけ泣いて、そんな私を知ってるくせに、
知らないふりをする彼のことを、またひとつ、赦すしかなくて。




ランキング参加中です! 『来たよ♪』 の代わりに、ポチッとお願いします
↓↓ポチっとクリック↓↓
ありがとう!  にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
人気blog Ranking
マメルリハは可愛い ぶろぐ村 鳥ブログ躍らせて!
FC2ブログランキング
↑応援して頂けると踊るような気持ちになるそうです↑
関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Sat,  07 2008 17:48
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

- 6 Comments

S子  

ぽっぽ様へ

じゃあぽっぽ様の言葉を信じて
ゆっくり待っていようと思います。
運命に身をゆだねることしか
今はできないのも事実ですね。

2008/06/09 (Mon) 17:41 | REPLY |   

S子  

sin様へ

こんにちは

そうですか?
そういってもらえると一番うれしいです。
私も一番好きかもしれません。
あまりにうれしくて、読み返しては、
メリーさんのところでとまってしまいました。
懐かしいなあ・・・。

2008/06/09 (Mon) 17:40 | REPLY |   

S子  

カオリ様へ

破れようが、傷つこうが、
この年でまだ恋愛していること事態が不思議そうに
まわりには理解できない顔されちゃいますので
気持ちわかります なんておっしゃっていただけるだけで
ほんとに嬉しく思います。

最後の最後までケツ拭いてくれ、なんて
望んでないから そういう男に引っかかるんじゃないかと、
自分の選考基準にきっと、問題があるんだろうなあ・・・。

2008/06/09 (Mon) 13:16 | REPLY |   

ぽっぽ  

何もしなくても、何も意識しなくても、その時がきたら物事は動くよ。今はいっぱい、いっぱい苦しむ時なのかもしれないね。S子さんは愛をたくさんたくさん持っているから大丈夫。きっとS子さんのいいように動いていくよ。

2008/06/08 (Sun) 15:02 | EDIT | REPLY |   

sin  

雨の日が良い

不謹慎ですが。

数あるカテゴリーの中で【鳥以外のこと】が
一番好きです。

何故か、分りませんが。

特に、雨の日に読むのが良いようです。

2008/06/08 (Sun) 01:07 | EDIT | REPLY |   

カオリ  

男と女は

こうだからああ、といったような簡単な関係にはなれないのですよね・・きっと。

私は今年の3月に一緒に暮らしてた彼と白紙に戻しました。
何度か会ったけど、もう1ヶ月あってません。お互いもう中年の歳できたけど、結局結婚はできなかったなぁ。
私が無理だったのですが・・・。
今は1部屋ぽっかり余ってて、家賃も折半だった彼の分も払うわけだから、ちと経済的に苦しいですが^^;

はっ、つい自分の事ばかりで、すいません(汗)
なんだか、ちょっと分かります。お気持ち。

2008/06/07 (Sat) 18:48 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。