恋する小鳥

Irreplaceable 

ECO SUNDAY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
こんにちはー。


日曜日はみなさん何をして過ごされていましたか?
私は相変わらずガーデニングとペットのお世話に精を出して、
どくだみと闘争中でイライラしているところに勧誘にきた保険のおばさんを
完膚なきまでに罵倒して追い返したりして、
ちょっと言い過ぎたと反省しながらも夕方にはシャワーを浴びて、
持ち返した良い気分で夜はテレビを楽しみました。

まずは「サザエさん」。
エンディングのおなじみの歌のときに、タラちゃんが指を一本だして、
この指とーまれ をやります。
でも誰も見てくれなくてしょぼくれてるときに、
一匹の黄色い蝶々がひらひらやってきて指にとまり、
タラちゃんが嬉しくなって一緒に走り回るシーンが
なんだかとってもかわいいんです、もうこのシーンだけのために
観ているといっても過言でないくらい。

そんでバレー観ました。
20時からは「篤姫」と「動物奇想天外」とバレーをブチブチ変えながら
まんべんなく観ました。
昨日は若い清水選手と福澤選手が活躍しましたね。
特に福澤選手は、彼が洛南高校の一年生の時からのファンなので、
ああー、やっとかー・・・という感慨にひたっておりました。
洛南はバスケなどは強いですが、バレーはその頃はそれほどで、
当時は彼ひとりの力がずば抜けていて、チームがそれに追いつかず、
バレーは絶対エースだけじゃ勝てないものですから、いつ観ても
孤軍奮闘といった様相でした。
1年生から3年生まで獅子奮迅の活躍を見せながらも、
いつも最後は悔しい思いをしている印象ばっかり。
ですがチームメイトは本当によく頑張った。
最後にインターハイで優勝したときは、福澤君以外の選手も
本当にうまくなっていて、「え?洛南が?」という驚きでした。
№1エース、超高校級,でもひとりがすごくても全国じゃ通用しない、
そんなチームをなんとか福澤君のレベルまで
みんなで必死であげていきました。
(いや、個々もそれぞれ良い選手は揃ってたんでしょうが、
元々京都は男子がそれほど強くなくなっているので、というお話で。)
そういう意味では彼はやはりキャプテンとして
チーム力をあげる程、まとめる力が優れていたのかなあと思います。
今も清水選手、福澤選手 両人とも大学チームのキャプテンなんですね。
インカレもこうなるとおもしろそー・・・と思ったけど
もう4年生なんですね、そうなると来年は
Vでふたりの新人賞争いが見れるんでしょう、きっと。

そして21時はなんかアキバのnewsが心痛くて沙門と散歩して、
22時は昔ここでも取り上げたことのある、KABA.ちゃんの
「ウルルン」を観ました。
ウィッシュ、すごい回復でしたねー、びっくりしました。
サイズは小さいままで、ほんとにミニチュア・ピンシャーくらいでしたが、
とにかく可愛かった・・・。
2年ぶりということでしたが、あの頃はオスカルの闘病が一息ついたところで、
それでもまだ安楽死させなかったこととか、
治療して無理に生きながらえさせたのか、とか、悩んでいたときだったので、
とても印象に残っていました。
一生懸命犬たちを助けるあの女性リーダーの強さに目をみはり、
自分を恥じたことをよおっく覚えています。
そうか、ウィッシュもあんなに歩けるようになったんだ、
オスカルだって元気になったんだよ、なんて言ってみたりして。

そして、23時には「素敵な宇宙船地球号」を観ていて、
水俣の死の海をよみがえらせた漁師さんたちの
あげてくるシラスが本当に美味しそうで、
なんだか急に塩けのあるものが食べたくなって、
握り飯を作ってしまいました。
手に塩をのせてニギニギ・・・海苔を巻いて食べました。
具もない握り飯ですが、その美味しさにちょっとびっくりしたほど。
最近大麦をよく買うのですけど、
オカメインコがよりごのみして食べて、こぼれたのが
なんだかものすごくもったいない気がして
「またこぼしてー」
なんて小言を言いながら、拾って餌入れに戻すときに、ふと、

 この一粒がもったいない私だけど、ごはんつぶの一粒と
 この大麦の一粒はおんなじじゃないのかな、
 もっと拾えるはずの一粒をもう何粒も何千粒も、
 こぼしてきたまま生きてきたんじゃないのかな、私。

そう、気づいてしまいました。
大麦を昨日プランターに撒いてみたら、そのことが
余計によくわかりました。
きっとお米を作ってる方は、もっともっと
お米の一粒一粒が大事で大切でいとおしいんだろうと思う。
たった米一粒ですが、それを撒けばまた大量の粒が実るわけで、
インコが残すのが「ダメ」なんていいながら、私は平気で
お弁当のふた、おにぎりを作った掌、明日食べるといいながら
食べるのを忘れた冷ごはん、
みんな ごはんつぶを残してきたような。

そんなことを、少し反省しつつつ、
インコの部屋でこぼれた餌を回収して、
庭にまいたのでした。
きっと朝になれば野鳥がやってきて、
らどんの怒りの声などさらりと聞き流して
ついばんでくれるはず。
残った種はこの梅雨の雨で、栄養をたくわえ、パンパンに膨れて
そして芽を出してくれるはず。
その柔らかく甘い新芽はやがて背がのび美味しい牧草になり、
ウサギたちのご馳走となり、
そのウサギたちが出す糞は庭の土として再利用されて、
またプランターで青菜を育てるための土になる。
それだけでエコが出来上がっているとは思わないけれど、
少しは自分のなかに、なにか出来ているのかなあ、なんて
思ってみたり、これをもっと勉強して、できることをやってみて、
とりあえず環境に優しくない日曜日だけは
過ごさないで生きていきたいな と思いました。
 
 シラス → おにぎり → 米粒 → エココロ → 地球?

どんな軌跡をたどっても、きっかけは知ることから始まるんですね。




ランキング参加中です! 『来たよ♪』 の代わりに、ポチッとお願いします
↓↓ポチっとクリック↓↓
ありがとう!  にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
人気blog Ranking
マメルリハは可愛い ぶろぐ村 鳥ブログ躍らせて!
FC2ブログランキング
↑応援して頂けると踊るような気持ちになるそうです↑

関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Mon,  09 2008 17:17
  • Comment: 0
  • Trackback: 1

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。