恋する小鳥

Irreplaceable 

世界を本気で救いたいなら絶滅しないといけないのかな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
テディベアみたい

こんにちは みなさま。


今日も暑さでぐったりしています。
日本建築学会がエコな29度設定では能率が悪いことを
発表なされましたけど、
ほんとにそうですね、エコも大事 でもクールビズすぎては
経済はさらに衰えていくばかりだと思います。
コンクリートや乗り物の塊のなかで、冷房を控えすぎるとほんとに疲れるし、
頭は働かないし、集中力は散漫、とにかくだらける要素ができてしまう。
昔は電車に乗ればとりあえず冷房が効いている というのが
ラッシュの駅で立ってる唯一の救いでしたけど、
今は弱冷車両じゃないのに汗ばむほど効いてません。
暑い国は貧しい と一概に言ってしまうわけにはいかないのですが、
日本はその道をたどるわけには行かないんです。
私たちがときに思いをはせる ツバル という島がありますが、
実際にツバルがもうすぐ沈む なんて言われても
それがいったいどういうことなのか、本当に何度テレビで見ても
まだ実感できないところがあります。
私たちが島を思い浮かべるときに 出てくるのは ひょうたん島のような
絵に描くと 楕円の丸を描いて椰子の木を立てたような
そんな島じゃありません?
でも日本だってツバルと同じ島に国がたってるだけで、
日本は海に浮かぶアジアの島なんだと
世界の人々はイメージしているわけですよね。
でもその島には 先端技術と科学の叡智と、
一度も正式には属国にならずに独立して生き続けてこれた
強い我が民族第一主義があって、
そして核兵器で大量に膨大に人と国土を殺された唯一の経験者で。

私たちは多分
戦争は最悪だということも知ってる、
核兵器がどんなに恐ろしいことかも知ってる、
科学はより進歩させるべきだということも知ってる、
自然は失わないように最大限努力すべきだということも知ってる、
暴君では国が不幸であることも、天皇はただそれだけで尊く思えることも、
私たちは現在の世界の紛争の種をほとんど知らないけれど、
どうしたほうがいいのかを なんとなく知っている唯一の国ではないだろうか。

本当は宇宙になんか行かなくてもいい、
本当は地球で住み続ける方法を探れば出てくると思ってる。
実はあんなに世界に軍隊はいらないように見えるし、
でも災害や紛争があれば、
みんながPKOに参加してどんどん人を助けられないものか とも思う。

環境は大変です。発展の隣り合わせで破壊が繰り返されているものを
進歩しながらも 被害を少なくすることがいいのか、
進歩しながらも、被害が出ないようにすることができるのか、
それは 進歩をやめない理由になるのかどうなのか。

小鳥たちは一本の木で 何羽も何羽もくらしているのに、
私達はほんの小さな土地を
もう死んでいる人のために墓だといって家族ごとに独占し、
家に隣の庭の木が伸びてきたら切っても当然だと思い、
空中の何もないところを日照権だと主張する。
海は自分たちのものでもないのに、柵をしては怒り、門をしめては魚を殺し。

なにかをすれば何かが矛盾して、
結局
「出来ることから始めよう」
なんてスローガンで納得したふりをする。
そんなことで追いつきますか と躊躇する時間が無駄になる。
追い詰められているのは 希少動物か、流氷か、地球か、太陽か、
それとも人間か。

私たち人間なんて、私には動物の猿の一種であるとしか見えない。
時々「畜生だから」と犬や猫を言う人がいるけど、
「人命には代えられない」とたやすく言う人がいるけど、
それに反発を覚えることもなく、このひとはなにを言ってるんだ、
私たちだってただの道具を使う哺乳類ではないか、
ノミにだって咬まれるし、体臭だってする、毛だって生えてる、
ただの動物ではないか、受験しようがギャンブルしようが、
ノーベル賞をもらおうが、やくざになろうが、
寿命が大体70年から100年生きる 巨大なサルではないか。
なんて、不思議に思う。
はっきり言ったらいいではないか、同じ種類の生き物を助ける、
それが本能に組み込まれた繁殖の摂理だから、
子孫を残すために生きているのだから、言葉や感情も共有できるのだから、
だから、だから人間は他の動物よりも人間が大切なのだと、
けして私たちが世界でもっとも優れた存在だからではないのだと。


そんなに人間は偉くない。
そんなに人間社会は複雑じゃない。

でも世界を救えるのは きっと私たちだけ。



ランキング参加中です! 『来たよ♪』 の代わりに、ポチッとお願いします
↓↓ポチっとクリック↓↓
ありがとう!  にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
人気blog Ranking
マメルリハは可愛い ぶろぐ村 鳥ブログ躍らせて!
FC2ブログランキング
↑応援して頂けると踊るような気持ちになるそうです↑

関連記事
Category: 鳥以外のこと
Published on: Fri,  18 2008 18:48
  • Comment: 10
  • Trackback: 0

- 10 Comments

S子  

へご様へ


ゆーこさんって誰ですか?
どなたかとお間違えじゃないですか?

2008/07/21 (Mon) 07:15 | REPLY |   

へご兄  

二酸化炭素のことなんかでも

完全に証明されたわけではないけど

実験するわけには行かないですからねー


移植とか 生殖医療 末期の医療と一緒で

結局は今生きている人の頭でしか判断するしかないですよね

神ではないのでね


ところで ゆーこさんに連絡取れますか?

2008/07/20 (Sun) 21:44 | EDIT | REPLY |   

S子  

野菜ジュース様へ

複雑ですよねー。北極グマに現地では
餌をあげない保護活動してますよね。
なんとか自然の摂理を壊さないままで 
共存を、保護をはかっていて、
それでも減っていく氷のなかで、もう可哀想で可哀想で 泣けてきて、
なのに泣けても 暑ければクーラーが必要で、
冷蔵庫で氷を作ってエネルギーを使ってる。
矛盾だらけでがんじがらめになりそうです。

2008/07/19 (Sat) 19:21 | REPLY |   

S子  

へご様へ

地球に良いことできることが
今の科学で奨励されているわけではないですよね。
本当は環境中心に世界を見ていてもよかったはずなのに、
人間を助けることに重きが置かれてきすぎたかも。
この大事なときに 破壊王な大国でスポーツ大会だから
もっと議論は盛り上がる夏になりそうですね。

2008/07/19 (Sat) 19:17 | REPLY |   

S子  

nao様へ

人間がテクノロジーを駆使して地球を壊すことを
もう止められるのはテクノロジーだけなんですよね。
CO2を減らす装置まで出来上がったり、
北極クマの精子を保存したり。
なくなるものは なくなる。
なくなって欲しくないものも なくなる。
そのなかで自分たちだけは生き抜くようにと
すべての動物が個々にプログラミングされている、
それを理性で抑えて、みんな助かる方法を
見つけようとする人間というものは
宇宙からすれば すばらしい。
でも止められるでしょうか、
破壊シナリオはすでに、人類が誕生したkら
ずっと始まっているのではないでしょうか。
そんなことを、立ち止まって考えたのが
ただ今なだけで。
なんて蟻んこみたいな私でも 考えるわけです。

2008/07/19 (Sat) 19:12 | REPLY |   

S子  

カオリ様へ

本当ですね、小型犬が流行っていくのを見て
やっぱりサルには自分が制止きれる犬のサイズは
小さいんだと気づいたのか否か などと
考えてしまいます。
人間はすばらしいけど、人間の誇りを
間違えているひとがいるのかな なんて思ったりもします。
うまく書けませんが、同じことを考えているひとが
ひとり ふたり と見つかるということは
それだけでも嬉しいと思いました。

2008/07/19 (Sat) 19:05 | REPLY |   

野菜ジュース  

ホッキョクグマが絶滅危惧種になって、保護し数が増えたとして、
彼らにはもう、生きていく環境がない。
一生ガラスケースの中で生きることになるのでしょうね。

できることなんてもう追いつかない。
やらなきゃいけないんですよね。

2008/07/19 (Sat) 07:14 | EDIT | REPLY |   

へご兄  

人が 楽しく暮らすために色々と活動してきたら

まずい方向にいってしまう

だからその両方のバランスを取る方向で

考えないといけないと思う


そういうアイディアをだすひとが 金持ちになったり

尊敬されるべきだ



よくわかりませんが そう思います

2008/07/19 (Sat) 00:37 | EDIT | REPLY |   

nao  

とても考えさせられました。

環境を壊しているのは人間なのだから、
その環境を改善し世界を救う責任は人間にあると思います。

そうですよね、人だって動物の一種に過ぎないんですよね。
もっとそのことを考えて、環境のことを考えないといけないですね。

2008/07/18 (Fri) 21:51 | EDIT | REPLY |   

カオリ  

ちょうど

先日、通勤中の車の中で同じような事をふと考えました。
道路の隅っこで、車に轢かれたイタチを見た時でしょうか。

人ってこの世に生きてる動物の1種類にすぎないのに、他の生き物の世界を平気で壊してる。他の生き物は共存や均衡を保って食われ食っているのに・・・。

人間以外の人間より知恵のある動物が、色んな物をこしらえて、それによって人間が簡単に殺されたり暮らせなくなったりする。そんな事、人間は考えないでしょうね。

人間は謙虚にがんばらなくてはいけないのでしょうね。

2008/07/18 (Fri) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。