恋する小鳥

小鳥と共に生きていく

ウロコインコの雛の挿し餌について その1

月山(がっさん)が月子ちゃんのもとから私の手に戻ってきたとき、私を覚えているかどうか不安でした。まあ、覚えていてもいなくてもまた挿し餌は再開なので、とりあえず向かいあうしかないなと思って用意したのはスプーンでした。ちなみにインコをゼロ日から育てるのには、私はストローを使用します。短いストローを先を斜めにカットして、自分で吸い上げ少しづつ少しづつくちばしの近くで今にも落ちそうなドロップの状態で待って...

がっさんのこと

ブログがお休みになる前に育てていたウロコインコ。最初は私がゼロ日から挿し餌をあげ、抱卵から温めるだけをマメルリハの月子ちゃんにお願いしていました。、それが月子ちゃんが温めるだけじゃなく食事もあげてくれるようになり、おまかせしていた間にどんどんこの子は大きくなり、とうとうマメルリハの大きさを超してしまいました。私たちの子ではないのでは・・?と月子ちゃんが疑い始めたころにようやく取り出して、今度はまた...

なんだか入れなかった

昔とっても大事にしてたVAIOデスクトップをああだこうだと修理しながら愛用していたけどとうとう潰してしまい、新しい安物のヒューレットパッカードをしぶしぶ買ったら、あんまりにも早く動いて快適でびっくりしたことを覚えてる。結局古いPCはそれだけ動作が重くていまだと考えられないほどセキュリティも甘くてそれを補おうと色々つぎ込んでまた重くなっていろんなソフトも捨てられなくて、どんどん溜まってしまう悪循環だった。...

ヒップは元気です

最近ふとグーグルで、「美少年 ヒップ」と検索してみたんです。べ、別に美少年の尻に興味があったわけではないのですよ!ただちょっと、うちのマメルリハのヒップの画像を自分のフォルダから探すのが面倒で、ググってみたら見つかるだろうとぐーたらしたのです。そしたらなんと、私のPCでは画像検索の一番最初に出てきたんです、うちのヒップ君の子供たちが!色んなアイドルのお尻画面や羽生選手の写真まであった検索画面にちら...

羽衣セキセイはヘリコプターとか言って輸出されてるみたい

駄文です。おひまなときに・・・。えげれすが大変なことになってる・・・。日本経済にとっては一時的にショック死みたいになってますけど、それでもおめでとうと言いたいし、絶対離脱になると思ってた。日本のメディアや評論家がEU残留になるだろうみたいな空気出してたのがおかしい。インサイダーかお前らと思うほどおかしい。社会主義の次に欧州が試みたEUという大きな実験は英国を端にして遅かれ早かれ崩壊し、歴史の教科書...

雛の顔はアッチコッチハッチ

※クリックすると拡大画像になるかもしれません 以下同じ↓私はこういう雛でも見慣れているし、とっても赤ちゃんでカワイイと思っているのですが、マメルリハ、それからジャンボセキセイなどの雛とは違って、ウロコインコさんの雛は大変な虫ヅラですので(主に蟻顔)、若干引いておられる方もいらっしゃるかと思います。一枚目にきついのが来ないようにはしておりますので、苦手な方はスクロールしてみたりされませんように、お願いい...

体重が倍になった雛っち

※クリックすると大きな画像になります。ウロコインコの雛ちゃんは、やっぱり足がしっかりしています。赤ちゃんでも、この見事な恐竜の足の片鱗が見られます。好き!ただ実物はものすごくバタバタ動くので、あんまり写真撮影がうまくいかないのですが・・。※クリックすると大きな画像になります。今日の体重は一気に14g私が最後に挿し餌してから3日ほどでほぼ倍になっています。パンパンにつめるのうますぎです。やっぱり鳥さん...

この子の名前には「月」を入れたいんだ

沙門の雛 月子が育てている問題で、二日で1gづつ増えていった結果、最初は全然食事を与えなかった月子夫婦が、若干ゴミを食べさせている気配がありました。舌の下に種の殻や木くずがはさまっていて、この小さくて柔らかい口に細いつまようじの先を入れて緊張しながら取り外しました。温めるだけだったマメルリハ養親夫婦が食事をあげようという意識を持ち始めてくれたことは大変ありがたい点ですが、なぜゴミをあげようとしたの...